根菜とささ身のレモンバター煮

根菜とささ身のレモンバター煮

料理名 根菜とささ身のレモンバター煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 井原裕子
放送局 NHK
放送日 2018年11月26日(月)

 

コメント

「あったか煮物レシピ」を紹介。ここでは、「根菜とささ身のレモンバター煮」の作り方になります。レモンの酸味とバターのコクが全体に回り、あっさりとした根菜とささ身がリッチな味わいの一品。材料は堅いものから順に重ね、一度煮立たせてからふたをして煮るのが唯一のコツです。

根菜とささ身のレモンバター煮の材料(2~3人分)

 

にんじん 1本(180g)
長芋 250g
鶏ささ身 4本(250g)
タイム(生) 5~6本
A
カップ1/2
白ワイン 大さじ3
小さじ1/2
レモン(国産) 1/2コ
●塩・黒こしょう(粗びき)・バター

 

 

根菜とささ身のレモンバター煮の作り方

1.にんじん(1本(180g))は7cm厚さの輪切りにします。

長芋(250g)は皮付きのままフォークをしっかりと刺して直火であぶり、ひげ根を焼き切り、鶏ささ身(4本(250g))は筋を除き、斜めに3等分に切り、塩(小1/2)・黒こしょう各少々をふります。

 

 

 

2.鍋にタイム(生 5~6本)を広げ、にんじん、長芋の順に重ねます。

 

 

 

3.いちばん上にささ身を重ならないようにのせ、Aの水(カップ1/2)・白ワイン(大さじ3)・塩(小さじ1/2)を順に回しかけます。

バター30gを2~3つに分けてのせ、レモン(国産 1/2コ)を搾って皮も加えます。

 

 

 

4.中火にかけ、煮立ったらふたをして弱火にし、15分間ほど煮ます。

にんじんに竹串がスッと通るくらいまで煮えたら、ざっと混ぜて器に盛ります。

このページの先頭へ