ボンゴレ

ボンゴレ

料理名 ボンゴレ
番組名 噂の東京マガジン やってTRY!
料理人 片岡護
放送局 TBS
放送日 2019年3月17日(日)

 

コメント

噂の東京マガジンでは、「ボンゴレ」をやってTRYです。そこでスタジオでは、「リストランテ アルポルト」の片岡護シェフが春野菜をあわせた「ボンゴレ」を作りました。あさりを別のフライパンで酒蒸しをすることで、アサリの砂抜きできパスタと和えても煮汁が蒸発してしまうことがなくなり、ミスなくツルツルの食感に仕上がります。

ボンゴレの材料(1人分)

 

アサリ 180g
白ワイン 50cc
50cc
パスタ(フェデリーニ 1.4mm) 60g
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク(みじん切り) 小さじ1(1/2かけ)
鷹の爪 1本
そら豆(薄皮を剥いたもの) 5粒
菜の花(お好みの大きさに切る) 2本
フルーツトマト(細かい角切り) 20g(1/3個)
アスパラ(斜めに切る) 2本
たけのこの水煮(お好みの大きさに切る) 25g(1/8個)
適量
コショウ 適量
パセリ(みじん切り) 適量

 

 

ボンゴレの作り方

 

①フライパンにアサリ(180g)・白ワイン(50cc)・水(50cc)を入れ、強火にかけふたをします。

②アサリが開いたら、ザルをのせたボウルに移し、アサリの身を殻からはずしておきます。

③沸騰したお湯に塩(お湯の量に対して0.5%の塩)を加え、パスタ(フェデリーニ 1.4mm 60g)を4分程茹でます。

茹で時間が1分程経過したら、そら豆(薄皮を剥いたもの 5粒)、菜の花(お好みの大きさに切る 2本)、アスパラ(斜めに切る 2本)、たけのこの水煮(お好みの大きさに切る 25g(1/8個))を入れて茹でます。

 

④別のフライパンにオリーブオイル(大2)、ニンニク(みじん切り 小1(1/2かけ))、鷹の爪(1本)を入れ、弱火にかけます。

⑤ニンニクがきつね色になったら、②のアサリの身と煮汁・フルーツトマト(細かい角切り 20g(1/3個))・パセリ(みじん切り 適量)を加えます。

※②の煮汁はアサリの砂が残っていることがあるので、少し残す。

⑥⑤がひと煮立ちしたら、茹で上がったパスタと野菜を加え、しっかりと和えます。

⑦パセリをかけ、塩コショウで味を調えたら、皿に盛ります。

最後にお好みでパセリをかければ完成。

 

 

 

 

 

 

 

ボンゴレの人気レシピ

第1位

剥き身で簡単パスタ!ボンゴレビアンコ

剥き身で簡単パスタ!ボンゴレビアンコ

あさりの剥き身で作れるパスタです。下茹で無しで簡単出汁染み!殻も無いので食べやすい!

第2位

絶対ホメられる、ボンゴレ!

絶対ホメられる、ボンゴレ!

アサリは硬くならないように一度取り出す! バター&しょうゆが隠し味♪

第3位

簡単パスタ☆冷凍シーフードミックスのボンゴレ

簡単パスタ☆冷凍シーフードミックスのボンゴレ

一人暮らしのメンズにもおすすめ!冷凍のシーフードミックスさえあれば作れるちょっとしたお昼ご飯♪ あっさり塩味で誰でも食べやすい一品です。

第4位

たっぷりアサリのコンソメパスタ

たっぷりアサリのコンソメパスタ

アサリのたっぷり入ったちょっと贅沢なパスタです!旨味が絡まって美味しいです

このページの先頭へ