【きょうの料理】蒸し鶏のレモンしょうがだれの料理レシピ|おさらいキッチン

【きょうの料理】蒸し鶏のレモンしょうがだれ

蒸し鶏のレモンしょうがだれ

料理名 蒸し鶏のレモンしょうがだれ
番組名 きょうの料理
料理人 ワタナベマキ
放送局 NHK
放送日 2022/1/10(月)

 

2022/1/10 のNHK【きょうの料理】では、ワタナベマキさんにより「蒸し鶏のレモンしょうがだれ」のレシピが紹介されました。保存もできて使い勝手抜群の、柔らかな蒸し鶏を。爽やかなレモンしょうがだれと一緒に蒸して、好きなだけたれをかけて召し上がれ。

蒸し鶏のレモンしょうがだれの材料(3~4人分)

 

鶏もも肉 2枚(500g)
ブロッコリー 1/3コ(100~120g)
レモンしょうがだれ
しょうが(すりおろす) 1かけ分
レモン汁 大さじ2
ごま油 大さじ1
小さじ1/2
●酒・塩

 

蒸し鶏のレモンしょうがだれの作り方

 

  1. 鶏もも肉 2枚(500g)は常温に戻し、余分な脂を取り除きます。厚みのある部分を切り開いて厚さを均一にし、皮にフォークで数か所穴を開けます。酒大さじ2をよくもみ込み、塩少々をふります。
    ブロッコリー(1/3コ(100~120g))は小房に分けます。
    レモンしょうがだれのしょうが(すりおろす 1かけ分)・レモン汁(大さじ2)・ごま油(大さじ1)・塩(小さじ1/2)を小さめの耐熱容器に入れ、よく混ぜ合わせます。
  2. せいろにオーブン用の紙を敷き、1の鶏肉を皮を上にして重ならないようにのせます。あいたところにレモンしょうがだれの器を入れてふたをします。

    POINT

    湯はたっぷり沸かし、常に沸騰している状態を保つ

  3. 蒸気の上がった鍋にのせ、強火で約6分間蒸します。ブロッコリーを加えてさらに3分間蒸し、火を止めます。そのまま5分間おいて余熱で火を通します。食べやすく切り、レモンしょうがだれをかけます。

    POINT
    強火が基本、吹きこぼれた時は少し火を弱める
    保存:鶏肉は粗熱を取り、ジッパー付き保存袋に入れて冷蔵庫で4日間

【きょうの料理】で紹介された他のレシピ

その他の【きょうの料理】の料理レシピはこちら=>きょうの料理

レモンの人気レシピ

第1位

鶏むね肉のしっとりハム レモン風味

鶏むね肉のしっとりハム レモン風味

鶏むね肉を使って、ハムを手作りしてみましょう。さわやかなレモンの風味を感じる暑い季節にピッタリ ・・・

第2位

卵とレモンのグラタン

卵とレモンのグラタン

ママさん芸能人の坂下千里子さん、ホワイトソースとよくあうレモンを使い、家庭の味のグラタンに挑戦 ・・・

第3位

もこみち流 鶏肉とセロリのレモン塩炒め

もこみち流 鶏肉とセロリのレモン塩炒め

主人は鶏肉が大好きです。でも、いつも決まった味付けのものしか作れません。レモンの酸味を生かした ・・・

第4位

レモンチリガーリック味の枝豆

レモンチリガーリック味の枝豆

レモンの皮をたっぷりとすりおろし、枝豆と和えます。意外な組み合わせのようですが、とてもよく合い ・・・

その他のレモンのレシピはこちら => レモンのレシピ

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

ページの先頭へ