照り焼きチキン

照り焼きチキン

料理名 照り焼きチキン
番組名 NHKきょうの料理
料理人 本田明子
放送局 NHK
放送日 2019年4月8日(月)

コメント

万能だれ「211の甘辛だれ」を使ってここでは、「照り焼きチキン」の作り方になります。甘辛いおかずの代表といえば、照り焼き。パリッと皮を焼いた鶏肉に、トロッとたれをからめます。多めに焼いて、次の日お弁当にいれるのもおすすめ。

照り焼きチキンの材料(2人分)

211の甘辛だれ 大さじ2
鶏もも肉 (大)1枚(300~350g)
付け合わせ
グリーンアスパラガス 3~4本(100g)
トマト (小)1コ(100g)
●サラダ油

照り焼きチキンの作り方

1.グリーンアスパラガス(3~4本(100g))は下の堅い部分の皮をピーラーで薄くむき、長さを3等分に切ります。

トマト((小)1コ(100g))は縦半分にして1cm厚さに切ります。

2.鶏もも肉((大)1枚(300~350g))は室温に戻しておきます。

厚みのあるところに2か所ほど包丁で切り目を入れます。

3.フライパンにサラダ油小さじ1/2を強めの中火で熱し、鶏肉を皮側から3~4分間焼きます。

きつね色になったら上下を返し、アスパラガスを加えてふたをし、中火で5~6分間焼きます。

アスパラガスは焼けたら途中で取り出します。

4.鶏肉を取り出し、余分な脂を拭いて211の甘辛だれ(大2)を入れ少し煮詰めます。

鶏肉を皮を下にして戻し、フライパンを揺すってからめます。

5.鶏肉を1cm厚さに切り、器に盛ります。トマトとアスパラガスを添えます。

好みで七味とうがらしや粉ざんしょうをふっても。

このページの先頭へ