焼きさばの棒ずし

焼きさばの棒ずし

料理名 焼きさばの棒ずし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 しらいのりこ
放送局 NHK
放送日 2019年3月11日(月)

 

コメント

祝い事の多い季節に合わせ「ハレの日レシピ」。ここでは、「焼きさばの棒ずし」の作り方になります。焼いたさばを、ご飯と一緒にラップで巻くだけ。脂ののったさばとすし飯がよく合う、ごちそうずしです。簡単なのに喜ばれるから、ホームパーティーでも大活躍!

焼きさばの棒ずしの材料(4本分)

 

すし飯
180ml(1合)
すし酢
米酢 大さじ2
砂糖 大さじ1
小さじ1/2
塩さば(切り身) 4切れ(400g)
新しょうがの甘酢漬け(市販) 適宜
●酢

 

 

焼きさばの棒ずしの作り方

1.すし飯の米(180ml(1合))を作ります。

米(180ml(1合))は洗い、普通に水加減をして炊飯器で炊きます。

すし酢の米酢(大さじ2)・砂糖(大さじ1)・塩(小さじ1/2)をよく混ぜ合わせます。

 

 

 

2.炊きたてのご飯を盤台またはボウルに入れ、すし酢を回しかけます。

手早く切りますように混ぜ、なじんだらすばやくうちわであおぎ、余分な水分をとばします。

つやが出たらぬれ布巾をかけて人肌まで冷まします。

 

 

 

2.塩さば(切り身 4切れ(400g))は小骨を除いてバットに入れ、酢大さじ2を全体にからめ、15分間ほどおきます。

魚焼きグリルで両面に焼き色がつくまで8~10分間焼き、粗熱を取ります。

 

 

 

3.ラップを大きめに広げてさばの皮側を下にして置き、すし飯の1/4量をはみ出さないようにのせます。

ラップで上下を包み、キャンディのように両端をねじって形をまとめます。

残りも同様に作ります。

 

 

 

4.冷蔵庫に1時間ほどおき、ラップごと食べやすく切ります。

ラップを外して器に盛り、好みで新しょうがの甘酢漬け(市販 適宜)を添えます。

このページの先頭へ