揚げごまめ

揚げごまめ

料理名 揚げごまめ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 柳原一成
放送局 NHK
放送日 2018年12月10日(月)

 

コメント

「おせち」の中でもかかすことができない三つ肴レシピ。ここでは、「揚げごまめ」の作り方になります。ごまめは「五万米」と感じをあてて、豊作を祈念します。古くは田畑の肥料として乾燥いわしがまかれていたことから「田作り」とも呼ばれます。ごまめはいらずに揚げてみました。内臓の苦味が出にくく、みつが固まってごまめどうしがくっつくのも防げます。

揚げごまめの材料(つくりやすい分量)

 

ごまめ(形のそろったもの) 40g
くるみ(殻をむいたもの) 50g
照りじょうゆ
砂糖 大さじ3と1/2
しょうゆ・酒 大さじ各1と1/2
●揚げ油

 

 

揚げごまめの作り方

1.厚手の鍋に揚げ油を160℃に熱してごまめ(形のそろったもの 40g)を入れます。30秒間ほどして軽く色づいたら引き上げ、紙タオルに広げて冷まします。

火を弱めて揚げ油を140℃にし、くるみ(殻をむいたもの 50g)を入れて薄いきつね色になるまで揚げます。

ごまめとは別の紙タオルに広げて冷まします。

※細かい泡が出るくらいの温度で揚げます。

 

 

 

2.鍋(直径21cm)に照りじょうゆの砂糖(大さじ3と1/2)・しょうゆ・酒(大さじ各1と1/2)を入れて中火にかけ、中央まで泡が立ったらすぐに火を止めて木べらで混ぜます。

これを2回ほど繰り返し、やや粘りが出たところで火を止めます。

※照りじょうゆを木べらにとってたらすと、とろみがついて落ちるくらいが目安。

 

 

3.温かいうちに素早くごまめとくるみを混ぜ、バットなどにあけて冷まします。


※保存容器に入れ、冷蔵庫で3~4日間ほど。

このページの先頭へ