パイナップルのケーキ

パイナップルのケーキ

料理名 パイナップルのケーキ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 ムラヨシマサユキ
放送局 NHK
放送日 2019年7月9日(火)

 

コメント

ムラヨシさんへのリクエストは、焼き菓子の王道・パウンドケーキ。パイナップルのシロップをたっぷりしみ込ませ、冷蔵庫で冷やしていただく、「パイナップルのケーキ」夏向きの味わいです。

パイナップルのケーキの材料(上部直径15cm・下部直径12cm・深さ5cmの丸型1台分)

 

バター(食塩不使用) 60g
グラニュー糖 50g
アーモンドパウダー 20g(かたくり粉10gでもよい)
卵黄 2コ分
卵白 1コ分
1つまみ
薄力粉 50g
パイナップル (正味)150g
A
カップ1/2
グラニュー糖 大さじ1~2
ココナツリキュール(またはレモン汁や好みのリキュール) 大さじ1

 

 

パイナップルのケーキの作り方

●作る前にしておくこと

・バター(食塩不使用 60g)は常温に戻しておきます。

・アーモンドパウダー(20g(かたくり粉10gでもよい))は塊があればフォークでつぶしておきます。

・卵黄(2コ分)は室温に戻しておきます。

・卵白(1コ分)はボウルに入れ、冷凍庫で表面が少し凍るまで冷やします。

・薄力粉(50g)をふるっておきます。

・型に薄くバター(食塩不使用/分量外)を塗り、冷凍庫に入れておきます。

・オーブンは170℃に温めておきます。

 

1.パイナップル((正味)150g)は4~5cm角に切り、Aの水(カップ1/2)・グラニュー糖(大さじ1~2)・ココナツリキュール(またはレモン汁や好みのリキュール 大さじ1)とともに小鍋に入れて中火にかけます。

グラニュー糖が溶けて沸いてきたら弱火にして2~3分間煮込みます。

パイナップルが少し半透明になってきたら火から下ろし、ふたをしてそのまま完全に冷まします。

 

 

2.パイナップルを取り出し、汁けをきります。

80gは1cm角に切り、残りは飾り用に2~3cm厚さの薄切りにし、煮汁のシロップもとっておきます。

 

 

 

3.ボウルにバター、グラニュー糖(50gのうち大さじ2)を入れ、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜます。

卵黄、アーモンドパウダーを加え、ふんわりするまで2分間混ぜ続けます。

 

 

4.卵白のボウルに塩(1つまみ)と残りのグラニュー糖の半量を入れ、ハンドミキサーを低速にして卵白のこしを切ります。

ハンドミキサーを高速に切りかえ、きめの細かいメレンゲを泡立てていきます。

卵白がモコモコと泡立ってきたら残りのグラニュー糖を加えて混ぜ、さらに泡立てます。つやが出て、ツノがピンと立つまで泡立てます。

 

 

5.4のメレンゲの1/3量を3のボウルに入れ、ゴムべらで混ぜ合わせます。

メレンゲがむらなく混ざったら、薄力粉と2の角切りのパイナップルを加えて粉っぽさがなくなるまで、底から生地を返すように混ぜます。

残りのメレンゲを加えて混ぜ、メレンゲが見えなくなってきたら、生地につやが出るまでさらに20~30回混ぜます。

 

 

 

6.冷やした型に、薄力粉(分量外)を薄くはたきます。型の上下を返して台に打ちつけ、余分な粉を落とします。5の生地を入れ、ゴムべらで中央をへこませて表面を整えます。縁の外についた生地をぬぐい取り、170℃に温めたオーブンで30~35分間焼きます。

竹串を中央に刺し、生焼けの生地が付いてこなければOK。

 

 

7.オーブンから取り出してすぐに型に入れたまま、2のシロップの1/3量をはけでしみ込ませます。

ケーキの表面にオーブン用の紙をあてて皿をかぶせ、ひっくり返して型から外します。残りのシロップケーキの表面と側面にしみ込ませてそのまま冷まします。

 

 

8.粗熱が取れたら、ふんわりとラップをかけて冷蔵庫でよく冷やします。

食べる直前に飾り用のパイナップルをのせます。

冷たいまま包丁で食べやすく切り分けます。

このページの先頭へ