最新レシピをお知らせします

最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後、自動返信メールが送信されますので、認証してください

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

バスク風チーズケーキ

バスク風チーズケーキ

 

料理名 バスク風チーズケーキ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 小嶋ルミ
放送局 NHK
放送日 2020年11月25日(水)

 

コメント

NHKきょうの料理では、「バスク風チーズケーキ」の作り方をご紹介。外側はほろ苦く、中はとろりと柔らかな口当たりのスイーツです。クリームチーズはあらかじめ電子レンジにかけ、やわらかくしておきます。生地を揺らして焼き上がりを見極めてください。

バスク風チーズケーキの材料(直径15cmの丸型*1台分)

 

クリームチーズ 220g
グラニュー糖 100g
生クリーム
(乳脂肪分45%以上)
170ml
レモン汁 小さじ1/2
A
卵(M) 3個(約150g)
卵黄(M) 1/2~1個分(約10g)
B
薄力粉 大さじ1弱(8g)
コーンスターチ 小さじ1強(4g)

 

 

バスク風チーズケーキの作り方

●つくる前にしておくこと

1.クリームチーズ(220g)は2cm厚さにならし耐熱容器に入れふんわりとラップをします。

様子を見ながら電子レンジにかけ、常温より少し高めの温度(25~30℃)にして柔らかくします。

使う直前まで乾かないようラップをします。

 

 

2.ボウルにAの卵(M 3個(約150g))・卵黄(M 1/2~1個分(約10g))を入れ泡だて器で混ぜ、常温に戻します。

生クリーム(乳脂肪分45%以上 170ml)は常温に戻します。

Bの薄力粉(大さじ1弱(8g))・コーンスターチ(小さじ1強(4g))を合わせてふるいます。

 

 

3.オーブン用の紙を約30cm四方に切り、型より低くならないように、型に沿わせて敷き込みます。

折り返しで余った部分はそのままでよい。オーブンは250~260℃(焼く温度より20℃ほど高め)に温めます。

 

●作り方

1.ボウルにクリームチーズ(220g)を入れてゴムべらで練ります。

グラニュー糖(100g)を加え、泡だて器でボウルの縁に押しつけるように回し、よく混ぜます。

 

2.Aの泡だて器で混ぜた卵の約1/4量を加えて混ぜ、なじませます。

残りのAを2回に分けて加え、よく混ぜます。

 

3.(2)に生クリーム(乳脂肪分45%以上 170ml)、レモン汁(小1/2)を順に加え、そのつど混ぜます。

 

4.別のボウルに(3)の約1/8量を入れ合わせてふるったBの薄力粉(大さじ1弱(8g))・コーンスターチ(小さじ1強(4g))をを加えてよく混ぜ合わせます。

これを(3)に戻し入れ、よく混ぜます。

※あらかじめなじませておくことで、だまになりにくい。

5.型に(4)を流し入れ、天板にのせます。

予熱しておいたオーブンに入れ240℃に設定します。

上面に焦げ色がしっかりつき、生地の高さが2~3cm盛り上がるまで約20分間焼きます。

※焦げ色がしっかりつくまでオーブンは開けない。

6.作業用手袋をして、天板ごと型を揺すり(やけどに注意)、ユラユラと激しく揺れるようなら、さらに1~3分間焼きます。

焦げ色が濃くつき、揺れが少し緩やかになったら取り出します。

※240℃で焼き色がつかない場合は、250℃に上げ、様子を見ながら焼きます。揺れなくなるまで焼くと火が通りすぎるので注意。

7.型ごと網にのせて冷まし、ラップをして冷蔵庫に一晩(8時間)おいて完成です。紙ごと型から外し、焦げた生地が紙に残らないようにそっとはがします。温めたナイフで切り分けます。

チーズの人気レシピ

第1位

豚ヒレ肉のチーズ焼き

豚ヒレ肉のチーズ焼き

「暑くて食欲がありません・・・さっぱりとして食べやすく、しかも栄養満点の料理を教えてほしい!」 ・・・

第2位

豚バラの厚揚げチーズスティック

豚バラの厚揚げチーズスティック

厚揚げを芯にして、チーズと青ジソで和洋ミツクスを楽しむ一品です。厚揚げでボリュームがある上に、 ・・・

第3位

鶏むね肉のペコリーノチーズフライ

鶏むね肉のペコリーノチーズフライ

ローズマリーとペコリーノチーズの衣が、ボリュームをアップさせます。みじん切りした赤唐辛子のピリ ・・・

第4位

枝豆とクリームチーズのディップ

枝豆とクリームチーズのディップ

枝豆とクリームチーズを混ぜ合わせました。野菜やチップスの付け合わせにピッタリ!変色しにくいので ・・・

その他のチーズのレシピはこちら => チーズのレシピ

バスク風チーズケーキ

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ