ハムカツ

ハムカツ

料理名 ハムカツ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 奥村彪生
放送局 NHK
放送日 2019年1月22日(火)

 

コメント

ここでは、「ハムカツ」の作り方になります。昭和30年代のハムといえばプレスハム。衣にはしょうゆで味をつけたバッター液を使い、高温でカリッと揚げます。スナック感覚で、カリカリ&ポリポリ。気がつくと1枚ペロリ。食べすぎ注意のおいしさです。料理界のじぃじ、奥村彪生さんが昭和の懐かしい洋食の作り方を紹介。

ハムカツの材料(2人分)

 

プレスハム(塊) 1.2cm(120g)
バッター液
小麦粉 60g
溶き卵 1コ分
大さじ1と1/2
砂糖 小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
重曹 小さじ1/2
パン粉(乾/細かめ) 適量
ポテトサラダ
じゃがいも 1と1/2コ(200g)
たまねぎ(1cmの角切り) 1/4コ分(50g)
キャベツ(芯を取り、3cm四方) 1枚分(40g)
にんじん(いちょう形に切る) 40g
マヨネーズ 適量
●塩・こしょう・揚げ油

 

 

ハムカツの作り方

1.ポテトサラダを作ります。

じゃがいも(1と1/2コ(200g))はゆでて皮をむき、粗くつぶします。

たまねぎ(1cmの角切り 1/4コ分(50g))、キャベツ(芯を取り、3cm四方 1枚分(40g))、にんじん(いちょう形に切る 40g)を同じ湯で柔らかくゆでて粗熱を取ります。

じゃがいもと合わせ、塩・こしょう各少々をふり、マヨネーズ(適量)であえます。

 

 

 

2.ボウルにバッター液の小麦粉(60g)・溶き卵(1コ分)・水(大さじ1と1/2)・砂糖(小さじ1)・しょうゆ(小さじ1/2)・重曹(小さじ1/2)を混ぜ合わせます。

プレスハム(塊 1.2cm(120g))は3mm厚さに、計4枚に切り、バッター液にくぐらせて、パン粉(乾/細かめ 適量)をまぶします。

 

 

 

3.揚げ油を180℃に熱して2を入れ、こんがりと色づく程度に揚げます。

ハムカツを食べやすく切って器に盛り、1のサラダを添えます。

このページの先頭へ