サクふわとり天

サクふわとり天

料理名 サクふわとり天
番組名 NHKきょうの料理
料理人 梯哲哉
放送局 NHK
放送日 2018年10月23日(火)

 

コメント

「つくろう!にっぽんの味47」今回は大分県。ここでは、「サクふわとり天」の作り方になります。少ない油で、手軽につくれるとり天です。鶏肉は柔らかく、衣はふっくらとしてサクサク。地元では、かぼすポン酢を添えることが多いそうですが、今回はサラダ風の野菜をのせて味のアクセントにしました。

サクふわとり天の材料(2人分)

 

鶏もも肉 1枚(300g)
塩こうじ(市販) 35g
A
かたくり粉 35g
強力粉 20g
1コ
炭酸水 30ml
トマト(小) 2コ
B
かぼすの搾り汁 大さじ1
エクストラバージンオリーブ油 大さじ2
塩・こしょう 各少々
ルッコラ 適量
●サラダ油

 

 

サクふわとり天の作り方

1.鶏もも肉(1枚(300g))は余分な脂を除き、塩こうじ(市販 35g)をまんべんなく塗り込み、常温に30分間おきます。

 

 

 

2.トマト(小 2コ)はヘタを除いて1~2cm角に切り、ボウルに入れてBのかぼすの搾り汁(大さじ1)・エクストラバージンオリーブ油(大さじ2)・塩・こしょう(各少々)を加えてあえます。

ルッコラ(適量)はちぎります。

 

 

3.ボウルに卵(1コ)をしっかり溶きほぐし、Aのかたくり粉(35g)・強力粉(20g)を加えて軽く混ぜます。

少量ずつ炭酸水(30ml)を加えてザックリ混ぜ、衣を作ります。

 

 

 

4.1の鶏肉は大きめの一口大に切り、3の衣をつけます。

フライパンに深さ1~2cmのサラダ油を入れて170℃に熱し、鶏肉をこんがり揚げ焼きにします。

 

 

 

5.皿に4を盛り、2のトマトをかけ、ルッコラをのせます。

このページの先頭へ