アジア風蒸し鶏ご飯

アジア風蒸し鶏ご飯

料理名 アジア風蒸し鶏ご飯
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2019年1月17日(木)

 

コメント

今回、栗原はるみさんは気分を変えてエスニック料理を紹介。ここでは、「アジア風蒸し鶏ご飯」の作り方になります。骨付きの鶏肉を蒸して、その蒸し汁でご飯を炊くのでうまみがたっぷり!タイでは、「カオマンガイ」、シンガポールなどでは「海南(ハイナン)チキンライス」と呼ばれて親しまれている東南アジアでは定番の料理です。薄焼き卵やにんじんラペ、れんこんソテー、ハーブなどを盛り合わせていろいろな味を一皿に。

アジア風蒸し鶏ご飯の材料(4人分)

 

鶏もも肉(骨付き) 2本(600g)
A
小さじ1
こしょう 少々
紹興酒(または酒) 大さじ1
400ml(カップ2)
ねぎだれ
みりん カップ1/2
しょうゆ 大さじ3
大さじ1
ねぎ(みじん切り) 大さじ3~4
赤とうがらし(小口切り) 適宜
2コ
B
砂糖 大さじ1
大さじ1/2
少々
にんじんラペ・れんこんソテー 各適量
パクチー・バジル・柚子こしょう 各適宜
●塩・サラダ油

 

 

アジア風蒸し鶏ご飯の作り方

1.米(400ml(カップ2))は洗ってざるに上げ、約15分間おいて水けをきります。

鶏もも肉(骨付き 2本(600g))は皮にフォークで数か所穴をあけ、裏返して骨に沿って深めの切り込みを入れ、Aの塩(小さじ1)・こしょう(少々)・紹興酒(または酒 大さじ1)を順にまぶします。

 

 

 

2.鍋に水カップ2を入れ、蒸し台を入れてふたをし、強火にかけます。

煮立ったら蒸し台に鶏肉をのせ、ふたをして弱めの中火で15~20分間、鶏肉に火が通るまで蒸します。

 

 

 

3.火を止めて蒸し台と鶏肉を取り出します。

鍋に残った蒸し汁はアクがあればすくい、計量してカップ2と1/4にする(足りない場合は水を足します)。味をみて塩少々を加え、きれいに洗った鍋に戻し入れます。

 

 

 

4.3に1の米を加えてふたをし、強火にかけます。

煮立ったら弱火にして10~12分間炊き、火を止めてそのまま約10分間おいて蒸らします。

 

 

 

5.ねぎダレを作ります。

火鍋にみりん(カップ1/2)を入れて煮立たせ、弱火にして半量になるまで煮詰めます。

火を止めてしょうゆ(大3)、酢(大1)を加え、冷めたら、ねぎ(みじん切り 大3~4)、赤とうがらし(小口切り 適宜)を加えます。

 

 

 

6.薄焼き卵を作ります。

ボウルに卵(2コ)を割りほぐし、Bの砂糖(大さじ1)・酒(大さじ1/2)・塩(少々)を加えてよく混ぜます。

フライパンに(直径約18cm)にサラダ油少々を弱火で熱し、卵液の半量を流し入れ、あまり焼き色をつけないように両面を焼きます。

もう1枚を同様に焼きます。

粗熱を取って半分に切り、細切りにしてほぐします。

 

 

 

7.鶏肉は骨から外し、1cm幅に切ります。

炊き上がった4のご飯をサックリと混ぜ、鶏肉をのせます。

薄焼き卵、にんじんラペ、れんこんソテー、好みでパクチー、バジル、柚子こしょう(少々)を添えて、5のねぎダレをかけて食べます。

このページの先頭へ