ひき肉でキーマカレー

ひき肉でキーマカレー

料理名 ひき肉でキーマカレー
番組名 NHKきょうの料理
料理人 笹島保弘
放送局 NHK
放送日 2018年8月15日(水)

 

コメント

野菜たっぷりの「つくりおき」料理を紹介。ここでは、基本のミネストローネを使った「ひき肉でキーマカレー」の作り方になります。大きめにほぐしたひき肉がポイントです。とうもろこしご飯を添えると甘みと彩りが増し、子どもが大好きな味に。

ひき肉でキーマカレーの材料(2~3人分)

 

基本のミネストローネ 140g
合いびき肉 300g
長芋 90g
カレー粉 小さじ2
とうもろこしごはん
ご飯(温かいもの) 茶碗2~3杯分
コーン(ホールタイプ/缶詰) 60~90g
バター(食塩不使用) 10g
レタス 適量
エクストラバージンオリーブ油 大さじ1
●塩

 

 

ひき肉でキーマカレーの作り方

1.合いびき肉(300g)は塩小さじ1をふって練り混ぜ、15~20分間冷蔵庫に入れます。

長芋(90g)は皮をむいて1cm角に切ります。

 

 

 

2.フライパンにエクストラバージンオリーブ油(大1)を中火で熱し、合いびき肉を塊のまま入れます。

塊を残すようにほぐしながらしっかり焼き、徐々に細かくしながら向こう側へ寄せます。手前に長芋を入れ、ひき肉を脂で炒めます。

 

 

 

3.全体を炒めたらカレー粉(小2)をふって炒め、基本のミネストローネ(140g)を加えます。

炒め合わせながら水カップ2/3を加え、とろみがつくまで煮ます。

「基本のミネストローネ」=レシピはこちら

 

 

4.とうもろこしご飯(温かいもの 茶碗2~3杯分)を作ります。

別のフライパンにバター(食塩不使用 10g)を入れて中火にかけ、コーン(ホールタイプ/缶詰 60~90g)を入れます。

塩少々をふって炒めたら火を止めます。

ボウルにご飯を入れ、コーンを加えて混ぜ合わせます。

 

 

 

5.器にレタス(適量)を敷いて4を盛り、3をかけます。

このページの先頭へ