じゃがいももち

じゃがいももち

料理名 じゃがいももち
番組名 NHKきょうの料理
料理人 高山なおみ
放送局 NHK
放送日 2018年7月18日(水)

 

コメント

ポルトガルの料理をヒントに考えた“夏”ごはんを披露。ここでは、付け合わせ「じゃがいももち」の作り方になります。ポルトガルでは、ゆでたもの、揚げたもの、いろいろなじゃがいもが付け合わせとして登場します。今回は、北海道の友人から教わったじゃがいももちをいわしの塩焼きに添えてみました。おやつやお弁当のおかずにもなり、冷凍もできるので、つくりおきにおすすめです。

じゃがいももちの材料(直径6cm×15~16枚分)

 

じゃがいも (大)3コ(約600g)
粗塩 少々
●かたくり粉・オリーブ油

 

 

じゃがいももちの作り方

1.じゃがいも((大)3コ(約600g))は、芽があれば倒すようにして、できるだけ皮に傷をつけないように除きます。

皮付きのまま鍋に入れ、たっぷりの水を注いで強火にかけます。沸騰したらごく弱火にしてゆっくりゆでます。

 

 

 

2.竹串がじゃがいもの中心まで抵抗なくスッと刺さるくらいまで柔らかくなったら、熱いうちにタオルなどで包みながら皮をむきます。

すり鉢(またはボウル)に入れ、すりこ木でつぶします。

 

 

 

3.かたくり粉約大さじ1を加え、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。

手のひらでキュッと握りますと、まとまるくらいの堅さが目安。

 

 

4.台の上にラップを広げ、生地の半量をひとまとめにして置きます。

ラップで包んで、転がしながら直径約6cmの円柱形に整えます。ぴっちり包んで両端を結ぶ。残り半量も同様に包みます。

そのまま粗熱を取ります。

 

 

 

5.じゃがいももちの生地を1cm強の厚さに、6枚分切ります。

 

 

 

6.フライパンにオリーブ油大さじ1を強火で熱し、隙間をあけて1を並べます。

 

 

 

7.香ばしい焼き色がつくまで火加減しながらジリジリと焼き、フライ返しでそっと裏返します。

油が足りなければ適量を足し、弱火にして裏面もこんがり焼きます。

仕上げに粗塩(少々)をふります。

じゃがいもの人気レシピ

第1位

ビールに合う★ドイツ人直伝!本格ジャーマンポテト

ビールに合う★ドイツ人直伝!本格ジャーマンポテト

ドイツで教えてもらったジャーマンポテトを再現!ビールやワインのおつまみにどうぞ♪

第2位

簡単おいしい!我が家のチンジャオロース(青椒肉絲)

簡単おいしい!我が家のチンジャオロース(青椒肉絲)

我が家では、たけのこが無い時が多いので、いつもじゃがいもで代用しています!歯ごたえがいいですよ!

第3位

子供が喜ぶウインナーとジャガイモのチーズ焼き

子供が喜ぶウインナーとジャガイモのチーズ焼き

あともう一品の困った時に!簡単に作れておいしく子供が喜ぶので楽ちんです。

第4位

菊芋の甘辛揚げ

菊芋の甘辛揚げ

自宅のプランターで菊芋を栽培し、秋に収穫しました。生の菊芋が食べられる時期は限られているので 大きくゴロゴロにカットしてみました。

このページの先頭へ