さば詰めピーマン

さば詰めピーマン

料理名 さば詰めピーマン
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鮫島正樹
放送局 NHK
放送日 2018年11月6日(火)

 

コメント

切り身魚を細かくほぐし、ひき肉感覚でつくるおかずを紹介。ここでは、「さば詰めピーマン」の作り方になります。ほぐした魚は、ひき肉のように使えて便利&食べやすい!そんなメリットを生かしてつくる、「肉詰め」ならぬ「サバ詰めピーマン」。さばとピーマン、個性の強さが絶妙にマッチし、新しいおいしさが生まれました。

さば詰めピーマンの材料(2人分)

 

さば(三枚におろしたもの) 1枚(150g)
ピーマン 4コ(180g)
セロリ(根に近い太い部分) 約10cm(30g)
ご飯 50g
A
ナムプラー 小さじ2
溶き卵 小さじ2
練りがらし 小さじ1と1/2
小さじ1/8
B
白ワイン(または水) 大さじ1
大さじ2
レモン(くし形に切る) 4切れ
●オリーブ油

 

 

さば詰めピーマンの作り方

1.ピーマン(4コ(180g))は縦半分に切り、ヘタと種を除きます。

セロリ(根に近い太い部分 約10cm(30g))はみじん切りにします。

ご飯(50g)は軽く温め、ほぐします。

Bの白ワイン(または水 大さじ1)・水(大さじ2)を合わせておきます。

 

 

 

2さば(三枚におろしたもの 1枚(150g))は、骨抜きで小骨と腹骨を抜く。皮を下にして置き、斜め格子状に浅めの切り目を入れます。片手で皮をしっかりと押さえながら、包丁のみねで皮に沿って身をそぎ取ります。残った身もこそげ取ります。

 

 

 

3.ボウルにさば、セロリ、ご飯を入れます。

Aのナムプラー(小さじ2)・溶き卵(小さじ2)・練りがらし(小さじ1と1/2)・塩(小さじ1/8)を加えて粘りが出るまで混ぜ、タネを作ります。

ピーマンにスプーンでタネを隅までしっかり詰め、表面をならします。

 

 

4.フライパンにオリーブ油小さじ1/2を入れて弱火で熱します。

3をタネの面を下にして並べ、5分間ほど焼きます。

 

 

 

5.タネに軽く焼き色がついたら上下を返し、Bの半量を注いでふたをします。

2~3分間蒸し焼きにして水分がなくなったら残りのBを注ぎ、再びふたをして2分間ほど蒸し焼きにします。

 

 

 

6.器に盛り、レモン(くし形に切る 4切れ)を添え、搾って食べます。

さばの人気レシピ

第1位

和食の定番のさばの味噌煮

和食の定番のさばの味噌煮

ほかの青魚に比べてサバのDHAは、群を抜いてたっぷり含まれていると言われています。 そのサバを使って味噌煮にしました。

第2位

塩サバのさっぱり☆ぽん酢焼き

塩サバのさっぱり☆ぽん酢焼き

ぽん酢醤油とごま油で、さっぱり&香ばしい サバ焼き^m^♪ 簡単で美味しい☆

第3位

ご飯食べ過ぎるかも・・!?サバの甘辛煮付け♪

ご飯食べ過ぎるかも・・!?サバの甘辛煮付け♪

煮汁がとろ~とするまで煮込むと、サバに味が良く染みておいしいです。ご飯のおかずにもってこいかもです。

第4位

【定番】サクサク衣の♪さばの竜田揚げ

【定番】サクサク衣の♪さばの竜田揚げ

ニンニクと生姜の漬け汁でじっくり下味をつけた竜田揚げ♪にんにく・生姜効果でサバの臭みもとれます。サクサク衣と香ばしい風味でご飯がすすみます

このページの先頭へ