きゅうりのカリカリ

きゅうりのカリカリ

料理名 きゅうりのカリカリ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 飛田和緒
放送局 NHK
放送日 2019年7月29日(月)

 

コメント

グリーン夏野菜をおいしく食べるレシピを紹介。ここでは、「きゅうりのカリカリ」の作り方になります。昔ながらのお茶受け。冷蔵庫に入れれば3~4日もちます。あめ色でシワシワの見た目に反して、食感はカリカリ。ちょっと酸っぱい甘じょっぱさが後を引き、この倍の量をつくってもすぐに食べきってしまいます。

きゅうりのカリカリの材料(つくりやすい分量)

 

きゅうり 5~6本(600g)
A
しょうゆ・みりん・酢 各カップ1/2

 

 

きゅうりのカリカリの作り方

1.きゅうり(5~6本(600g))は大きめの乱切りにします。

 

 

 

2.鍋にAのしょうゆ・みりん・酢(各カップ1/2)を合わせて中火にかけ、煮立ったらきゅうりを加えます。

鍋ごと入るくらいの大きいボウルに氷水を用意しておきます。

●きゅうりが完全に浸かれば、調味料は各カップ1/3にしてもよい

 

3.再び煮立ったら火から下ろし、鍋ごと氷水に当てて完全に冷まします。これを4~5回繰り返し、きゅうりの皮にしわが寄ったら、汁ごと保存容器に入れて冷蔵庫で冷やします。

●保存:冷蔵庫で3~4日間

このページの先頭へ