いわしのつみれ汁

いわしのつみれ汁

いわしのつみれ汁

料理名 いわしのつみれ汁
番組名 きょうの料理
料理人 土井 善晴
放送局 NHK
放送日 2016年2月1日(月)

 

イワシを使った定番の一品

【土井善晴 食卓二十四節気】シリーズより2月4日ごろは「立春」ということで冬と春の境目。このころ美味しいイワシを使った、「いわしのつみれ汁」がおすすめ。つみれには赤みそ、ショウガを加えて、いわしのクセをやわらげ、風味もアップさせます。お好みで粉ざんしょうをふって香りよくいただきましょう。

いわしのつみれ汁の材料(4人分)

 

いわし (大)5匹(500g)
白菜 250g
ねぎ 1本
昆布 (8cm四方)1枚
粉ざんしょう 適宜
みそ 30g
ごま油 大さじ1
A
おろししょうが (皮ごとすりおろす)20g
赤みそ 25g
小麦粉 大さじ3
粉ざんしょう 適量

 

 

いわしのつみれ汁の作り方

1、白菜(250g)は食べやすい大きさにザク切りにする。ねぎ(1本)は2cm幅くらいの斜め切りにする。

2、いわし((大)5匹(500g))は包丁でウロコを取り、頭を切り落として腹をまっすぐ切り、切り口から内臓をかき出す。流水で腹の中をきれいに洗い、水けを丁寧に拭き取る。

※まな板に紙を敷いておくと、取り出した内臓をそのまま包んで捨てることができる。水洗いでは、血合いや血を取り除く。

3、2を小口から骨ごと薄切りにし、さらに包丁で細かくたたく。

※包丁は、あれば出刃包丁を使うと重みがあるのでたたきやすい。

いわしのつみれ汁4、3をすり鉢に移してすりこ木でよくすり、Aのおろししょうが((皮ごとすりおろす)20g)、赤みそ(25g)、小麦粉(大3)、粉ざんしょう(適量 )を順に加えながら、さらにすり混ぜてなめらかにする。

※赤みそ、ショウガでいわしのクセをやわらげ風味もアップ

いわしのつみれ汁5、鍋に昆布((8cm四方)1枚)と水(カップ4)を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたら白菜を加える。再び煮立ったら、4を一口大に丸め、スプーンですくって落とし入れていく。

※つみれのタネを片手に1つかみほど取って握り、親指と人さし指の間から丸く絞り出してスプーンですくい取る。

6、少し煮てアクを取り、1のねぎを加えて5分間ほど煮る。

※昆布は邪魔にならなければ取り出さなくてもよい。

7、赤みそ(30g)を溶き入れ、さらに2~3分間煮て味をなじませる。仕上げにごま油(大1)を回し入れる。

いわしのつみれ汁8、椀(わん)によそい、好みで粉ざんしょうをふり、いわしのつみれ汁の完成。

いわしの人気レシピ

第1位

焼いて絡めて☆いわしのかば焼き☆

焼いて絡めて☆いわしのかば焼き☆

いわしは手開きで骨を取るので簡単☆ 安くてご飯がススム1皿です。 冷めても美味しいのでお弁当にも・・

第2位

圧力鍋で時短!骨までホロホロいわしの梅煮♡

圧力鍋で時短!骨までホロホロいわしの梅煮♡

青魚の代表イワシ。子供に骨まで食べてほしい!!甘辛く梅とホロホロに煮ました(^^)/圧力鍋だから時短だよ~!!

第3位

ご飯に合う!いわしの梅煮☆

ご飯に合う!いわしの梅煮☆

値打ちで栄養満点のいわしがこってり美味しくいただけます♪ご飯にぴったり!

第4位

さっぱり美味しい♪鰯(イワシ)の梅と大葉挟みフライ

さっぱり美味しい♪鰯(イワシ)の梅と大葉挟みフライ

梅と大葉が鰯の臭みを消してさっぱりとした口当たり、ソースをかけていただきます。夏には嬉しい御馳走です(*^_^*)

このページの先頭へ