いかと昆布のショートパスタ

いかと昆布のショートパスタ

料理名 いかと昆布のショートパスタ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2019年3月21日(木)

 

コメント

大原千鶴さんの「おいしいもと」で「昆布のつくだ煮」を使ってここでは、「いかと昆布のショートパスタ」の作り方になります。つくだ煮=和食とは限りません。和風パスタの味を引き立てる、縁の下の“おいしいの素”です。

いかと昆布のショートパスタの材料(2人分)

 

いか(小) 1ぱい(100~110g)
菜の花 70g
昆布のつくだ煮 30g
ショートパスタ(フジッリ) 160g
パスタのゆで汁 適量
赤とうがらし(ヘタと種を除く) 1本
●塩・オリーブ油

 

 

いかと昆布のショートパスタの作り方

1.菜の花(70g)は根元の堅い部分を切り落とし、食べやすい長さに切ります。

昆布のつくだ煮(30g)は粗く刻みます。

 

 

 

2.いか(小 1ぱい(100~110g))は皮をむき、胴は縦半分に切って1.5cm幅に切ります。

足は食べやすく切ります。

 

 

 

3.鍋に1Lの湯を沸かして塩小さじ2を入れ、ショートパスタ(フジッリ 160g)を袋の表示時間どおりにゆでてざるに上げます。茹で汁はとっておきます。

 

 

 

4.フライパンにオリーブ油大さじ1を入れて中火にかけます。

いかをサッと炒めて菜の花を加え、菜の花がしんなりしてきたら、昆布のつくだ煮と赤とうがらし(ヘタと種を除く 1本)、3のパスタを加えてざっと混ぜます。

 

 

 

5.味をみて塩けが足りなければパスタのゆで汁(適量)を加え(50~70ml)が目安、味を調えます。

器に盛り、好みでオリーブ油大さじ1をかけて食べます。

このページの先頭へ