あおさとたいのピラフ

あおさとたいのピラフ

料理名 あおさとたいのピラフ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 樋口宏江
放送局 NHK
放送日 2018年12月18日(火)

 

コメント

「つくろう!にっぽんの味47」。今回は三重県。多くの海の幸が旬を迎えてここでは、「あおさとたいのピラフ」の作り方になります。炊飯器で気軽につくれる、洋風炊き込みご飯。たいの切り身を一緒に炊き込み、おいしいだしをご飯に吸わせます。あおさのりは最後に加えることで、きれいな緑色と、磯の香りをたっぷり楽しめます。

あおさとたいのピラフの材料(5~6人分)

 

あおさのり(乾) 6g
真だい(切り身) 2切れ(170g)
540ml(3合)
たまねぎ(みじん切り) 40g
●塩・バター

 

 

あおさとたいのピラフの作り方

1.真だい(切り身 2切れ(170g))は塩少々をふり、水けを拭きます。

米(540ml(3合))は洗ってざるに上げ、水けをきります。

 

 

 

2.鍋にバター40gを溶かし、たまねぎ(みじん切り 40g)を加えて弱火で炒めます。

たまねぎの水分がとんだら米を加えて中火にし、塩小さじ1/2を入れて、米が熱くなるまで炒めます。

 

 

 

3.炊飯器に2と水540mlを入れ、1のたいをのせて普通に炊きます(炊飯器の炊き込みご飯モードで炊いてもよい)。

 

 

4.あおさのり(乾 6g)は水にくぐらせ、水けを絞ります。

米が炊けたら炊飯器に加えてふたをしてサッと蒸らし、ご飯としっかり混ぜ合わせます。

このページの先頭へ