夏のすき焼き

夏のすき焼き

料理名 夏のすき焼き
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 藤野嘉子
放送局 NHK
放送日 2018年8月7日(火)

 

コメント

甘さと辛さのバランスがよく、だしの風味が効いためんつゆを使った2品。ここでは、「夏のすき焼き」の作り方になります。牛肉と野菜、豆腐を焼いて、めんつゆで煮るだけ!最期に加えたみょうがで夏らしい清涼感を添えます。

夏のすき焼きの材料(2人分)

 

牛切り落とし肉(すき焼き用) 150g
さやいんげん 80g
たまねぎ 1/2コ(100g)
みょうが 3コ
木綿豆腐 1/2丁(150g)
めんつゆ(市販/ストレートタイプ) カップ1/2
牛脂 適量
[常備品]みりん

 

 

夏のすき焼きの作り方

1.さやいんげん 80gはヘタと筋を取り、長さを半分に切ります。

たまねぎ(1/2コ(100g))は繊維に沿って7mm幅に切ります。

みょうが(3コ)は縦4等分に切ります。

牛切り落とし肉(すき焼き用 150g)は5cm幅に切ります。

 

 

 

2.木綿豆腐(1/2丁(150g))はペーパータオルで包んで水けを取り、4等分に切ります。

 

 

 

3.フライパンに牛脂(またはサラダ油小さじ1)を中火で熱し、牛肉を広げながら入れます。

サッと焼き色がついたら上下を返し、反対側も同様に焼きます。

 

 

 

4.牛肉を寄せ、あいているところに、豆腐、たまねぎ、いんげんを加えます。

時々上下を返しながら2分間ほど焼きます。

 

 

 

5.めんつゆ(市販/ストレートタイプ カップ1/2)とみりん大さじ2を回し入れ、ふたをして5分間ほど中火で煮ます。

 

 

 

6.最期にみょうがを加え、5分間ほど煮ます。

器に盛り、煮汁を回しかけます。

このページの先頭へ