かれいの煮つけ

かれいの煮つけ

料理名 かれいの煮つけ
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 河野雅子
放送局 NHK
放送日 2019年2月6日(水)

 

コメント

旬の魚介を、フライパンを使った定番煮物の紹介。ここでは、「かれいの煮つけ」の作り方になります。煮汁を煮立ててから魚を入れるのが、くせを出しにくくする基本テク。上下を返すと身がくずれるので、煮汁をかけて味をしみ込ませます。

かれいの煮つけの材料(2人分)

 

かれい(切り身) 2切れ(300g)
貝割れ菜 1パック(80g)
A
だし(または水) カップ1
みりん 大さじ1と1/2
しょうゆ 大さじ1と1/2
柚子の皮 適量

 

 

かれいの煮つけの作り方

1.貝割れ菜(1パック(80g))は根元を切り落とします。

柚子の皮(適量)は内側の白い部分をそぐようにして除き、せん切りにします。

 

 

 

2.小さめのフライパンにAのだし(または水 カップ1)・みりん(大さじ1と1/2)・しょうゆ(大さじ1と1/2)を入れて中火にかけ、煮立ったらかれい(切り身 2切れ(300g))を並べ入れます。

 

 

 

3.スプーンで煮汁をすくい、3~4回かけます。

 

 

 

4.オーブン用の紙で落しぶたをし、弱めの中火で約10分間、時々煮汁をかけながら煮ます。

 

 

 

5.落しぶたを外し、あいているところに貝割れ菜を入れ、全体に煮汁をかけながら、約30秒間煮ます。

 

 

 

6.器に盛って煮汁をかけ、柚子の皮をのせます。

このページの先頭へ