和牛ステーキギョーザ

和牛ステーキギョーザ

料理名 和牛ステーキギョーザ
番組名 NHKあさイチ
コーナー ハレトケキッチン
料理人 山野辺仁
放送局 NHK
放送日 2018年5月29日(火)

 

コメント

新コーナー「ハレトケキッチン」。今回はゲストのIKKOさんが今いちばん食べたい「ギョーザ」の簡単&絶品レシピを紹介。ここでは、中国料理・山野辺仁さんによる「和牛ステーキギョーザ」の作り方になります。

和牛ステーキギョーザの材料

 

あん
牛もも肉(塊) 150g
牛ひき肉 50g
キャベツ 200g
ふたつまみ
たまねぎ 1/2コ
にんにく 1かけ
ねぎ 10cm
牛脂 60g
小さじ1弱
A
しょうゆ・ごま油(白) 各大さじ1
オイスターソース 小さじ1/2
ごま油 小さじ1
黒こしょう ひとつまみ
強力粉 80g
薄力粉 40g
もち粉 30g
ひとつまみ
砂糖 ひとつまみ
サラダ油 小さじ1
熱湯 80ml
打ち粉 適量
B
牛骨スープ
※鶏がらスープ可
100ml
かたくり粉 小さじ2
サラダ油 大さじ1

 

 

和牛ステーキギョーザの作り方

1、キャベツ(200g)はみじん切りにし、塩(ふたつまみ)を加えてよくもみ、しっかりと水けを絞ります。

 

2、たまねぎ(1/2コ)・にんにく(1かけ)・ねぎ(10cm)・牛脂(60g)は、それぞれみじん切りにします。

牛もも肉(塊 150g)は、1cm角に切ります。

 

3、熱した中華鍋に、牛脂を入れ、弱めの中火で溶かします。

みじん切りにしたたまねぎを入れ、強めの中火で軽く色づくまで2分ほど炒めます。

さらに、みじん切りにしたにんにくを加え、少しあめ色になるまで1分30秒ほど炒めます。

粗熱を取ります。

 

4、ボウルに、牛ひき肉(50g)、1cm角に切った牛もも肉、塩(小さじ1弱)を入れ、白っぽくなるまでよく練ります。

Aのしょうゆ・ごま油(白 各大さじ1)・オイスターソース(小さじ1/2)・ごま油(小さじ1)・黒こしょう(ひとつまみ)を加え、さらに混ぜます。

ここに、(3)の炒めたたまねぎとにんにく・(1)のキャベツとみじん切りにしたねぎを加えて混ぜ、冷蔵庫で30分ほど冷やします。

5、皮の作り方。ボウルに、強力粉(80g)、薄力粉(40g)、もち粉(30g)をあわせてふるいます。

6、塩・砂糖(各ひとつまみ)とサラダ油(小さじ1)を加え、ひと混ぜします。

熱湯(80ml)を加え、菜箸を4本使って全体を混ぜます。

 

7、手のひらの付け根で押すようにして、ひとまとめにします。

打ち台に出し、耳たぶ位の柔らかさになるまで、体重をかけてこねます。

8、ラップフィルムをかけ、30分~1時間ほど寝かせます。

9、再び、なめらかな質感になるまで、こね直します。生地を2等分にし、直径2cmほどの棒状に伸ばします。1本を10等分に切り分けます。

打ち粉(適量)をして手のひらで丸め、平らにつぶします。

麺棒を使い、利き手と反対の手で半時計方向に30度ずつ回しながら生地を伸ばし直径10cmほどの円形にします。

10、仕上げ。ギョーザの皮に、20等分にしたあんをのせ、ひだを寄せながら包んでとじます。これを20コ作ります。

 

11、牛骨スープとかたくり粉(小2)をよく混ぜます。

 

12、フライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、ギョーザを丸く並べます。

(2)のスープとかたくり粉を回しかけてふたをし、中火で5分ほど蒸し焼きにします。

 

13、ふたを開けて余分な水分を飛ばし、羽根を作ります。

フライパンに皿を重ねて裏返し、盛りつけます。

 

ステーキの人気レシピ

第1位

パリパリ!チキンステーキ。ガーリックバタ醤油ソース

パリパリ!チキンステーキ。ガーリックバタ醤油ソース

カリカリ、パリパリです。鶏肉の価値が上がります。フライパンに置いて放っておくだけでこの味です。100g250円程度の地鶏を買って下さい。鶏の美味しさに驚きます

第2位

ガーリックソースバター風味の大根ステーキ

ガーリックソースバター風味の大根ステーキ

大根をステーキ風に焼いてみました。 甘辛く味付けして、にんにく入りバターをのせていただきます。

第3位

★合挽き肉のサイコロステーキ★

★合挽き肉のサイコロステーキ★

ふっくら柔らかで小さなお子さんでも食べ易い仕上がりです(*´꒳`*) 市販のサイコロステーキを買うよりもお安く作れてコスパも◎

第4位

バルサミコ醤油ソース de 絶品ポークソテー

バルサミコ醤油ソース de 絶品ポークソテー

短時間で作れるメイン料理です。バルサミコ酢と醤油のみのシンプルなソースですが、このソースをかけるだけであっという間に絶品ポークソテーに♪

このページの先頭へ