マッシュルームとモッツァレラのラビオリギョーザ

マッシュルームとモッツァレラのラビオリギョーザ

料理名 マッシュルームとモッツァレラのラビオリギョーザ
番組名 NHKあさイチ
コーナー ハレトケキッチン
料理人 秋元さくら
放送局 NHK
放送日 2018年5月29日(火)

 

コメント

新コーナー「ハレトケキッチン」。今回はゲストのIKKOさんが今いちばん食べたい「ギョーザ」の簡単&絶品レシピを紹介。ここでは、フレンチ・秋元さくらさんによる「マッシュルームとモッツァレラのラビオリギョーザ」の作り方になります。

マッシュルームとモッツァレラのラビオリギョーザの材料(12コ分)

 

マッシュルーム 9コ
トマト 1コ
モッツァレラチーズ 120g
ルッコラの葉 24枚
ギョーザの皮(市販/大判) 24枚
オリーブ油 小さじ1
ひとつまみ
白こしょう 少々
バター 40g
セージ 6枚
アンチョビ(フィレ) 1/2枚から1枚

 

 

マッシュルームとモッツァレラのラビオリギョーザの作り方

1、マッシュルーム(9コ)は石づきを除き、4等分に切ります。

 

2、フライパンでオリーブ油(小1)を熱し、マッシュルームを強火で軽く色づくまで炒めます。

火を消して、塩(ふたつまみ)、白こしょう(少々)で味をつけます。

粗熱を取ります。

 

3、モッツァレラチーズ(120g)は1cmから1cm5ミリ角に切ります。

トマト(1コ)は、へたと種を除き、1cm5ミリ角の色紙切りにします。

 

4、セージ(6枚)は細切りに、アンチョビ(フィレ 1/2枚から1枚)はたたいてペースト状にします。

 

5、ギョーザの皮(市販/大判 24枚)の中央に、ルッコラの葉1枚、モッツァレラチーズ3かけ、トマト3かけ、マッシュルーム3かけ、ルッコラ1枚を順にのせます。

皮の縁全体に水をつけ、上からもう一枚皮をのせ、上下から手の平で押さえ、空気を抜きます。花形のセルクルで抜き、縁を、指でしっかりとじます。

6、沸騰した湯に、塩(分量外・1パーセント)と、(5)のラビオリギョーザを入れ、1分20秒ほどゆでます。

 

7、冷たいフライパンに、バター(40g)を入れ、中火にかけます。

バターが溶けたら、(4)のセージとアンチョビを加え、バターソースを作ります。

 

8、(7)のバターソースに、(6)のゆで上がったラビオリギョーザを加え、あえます。

 

ラビオリの人気レシピ

第1位

余った餃子の皮で簡単ラザニア風!

余った餃子の皮で簡単ラザニア風!

余った餃子の皮と市販のミートソースを重ねるだけでなんちゃってラザニアになりました♪

第2位

挽肉の手打ちラビオリ

挽肉の手打ちラビオリ

挽肉が入った、手打ちのラビオリです。

第3位

【高知食材】しらすと三つ葉のラビオリ

【高知食材】しらすと三つ葉のラビオリ

高知のしらす、三つ葉、トマトを使った簡単にできてヘルシーで日本酒、ワインが進む一品です。南特別純米を合わせて。たっすいがはいかん!

第4位

餃子の皮で、筍のエジプト風ラビオリ

餃子の皮で、筍のエジプト風ラビオリ

旬の筍と空豆、山菜を使った簡単にできて日本酒、ワインがすすむ一品です。

このページの先頭へ