食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

自転車乗りのパリブレスト

自転車乗りのパリブレスト

料理名 自転車乗りのパリブレスト
番組名 グレーテルのかまど
料理人 瀬戸康史
放送局 NHK
放送日 2021年6月14日(月)

コメント

グレーテルのかまどでは、瀬戸康史さんが「自転車乗りのパリブレスト」の作り方を紹介。世界最古の自転車レースにちなんで生まれたパリブレストは、丸いリング状のシューにプラリネクリームをたっぷり挟んだ、フランスで人気のスイーツです。クリームは濃厚だけどフワッと軽い食感、シューとの相性も抜群!

自転車乗りのパリブレストの材料(直径16㎝1台分)

シュー生地
50ml
牛乳 50ml
1g
無塩バター 45g
薄力粉 60g
全卵 100g(Mサイズ2個分)
塗り卵 適量
アーモンドダイス(アーモンドスライス) 適量
プラリネのバタークリーム(作りやすい分量:2台分)
牛乳 125ml
卵黄 40g(Mサイズ2個分)
グラニュー糖 75g
バニラエッセンス 適量
無塩バター 175g
プラリネ 60g
粉砂糖 適量

自転車乗りのパリブレストの作り方

●下準備

※薄力粉(60g)をふるっておく

※オーブンを200℃に温めておく

※プレートにうすくバターをぬり、小麦粉で直径12㎝の円を2つ書いておく

※バターを常温にもどしておく

シュー生地を作る

1、鍋に水(50ml)、牛乳(50ml)、塩(1g)、無塩バター(45g)を入れて火にかけ、バターを溶かしてから沸騰させます。

2、火を止め、薄力粉(60g)を一気に加えて粉が見えなくなるまで混ぜます。

3、ふたたび中火にかけ、鍋底に薄い膜がはるまで混ぜ続けます。

4、ボウルにうつし、全卵 100g(Mサイズ2個分)を数回に分けて加えながら混ぜていきます。すくって落とすと、へらに生地が逆三角形に残るのがいい状態。生地がかたい時は、卵を加えて調整します。

5、口径11㎜の丸口金で絞ります。小麦粉で書いた円の内側と外側に沿って2本絞り、その上に1本絞ります。

※絞りはじめをそれぞれ別の箇所にします。

6、もう一方の円上に1本絞ります。

7、全体に卵(適量)を塗り、フォークで跡をつけます。ステップ5の生地の表面にアーモンドダイス(アーモンドスライス 適量)をふります。

8、200℃のオーブンで約20分焼いた後、180℃に温度を落とし、約20分焼きます。膨らんでできた亀裂に焼き色がついたら取り出します。

プラリネのバタークリームを作る

9、鍋に牛乳(125ml)とグラニュー糖(75g)の半量を入れ、火にかけます。

10、卵黄(40g(Mサイズ2個分))と残りのグラニュー糖を混ぜます。

11、ステップ10にステップ9を数回に分けて加えながら混ぜ、鍋にもどします。火にかけ、混ぜながら83℃まで加熱します。火をとめて、しばらく混ぜます。

12、清潔なボウルにこし、氷水にあてて冷やします。バニラエッセンス(適量)を加えます。

13、常温にもどした無塩バター (175g)にステップ12を混ぜ合わせ、プラリネ(60g)を加えます。

組み上げ

14、太い方のシュー生地を横半分に切ります。

15、下のシューにプラリネのバタークリームを絞り、スプーンでならします。

16、細いリング状のシューをのせます。

17、リング状のシューが隠れるようにクリームをたっぷり絞ります。

18、上のシューを重ね、粉砂糖(適量)をふります。

※冷蔵庫で保存し、次の日までにお召し上がりください

自転車乗りのパリブレスト

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ