食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

さんまのかば焼き柳川風

さんまのかば焼き柳川風

 

料理名 さんまのかば焼き柳川風
番組名 ごごナマ
料理人 野崎洋光
放送局 NHK
放送日 2020年2月5日(水)

 

コメント

「和の達人直伝!究極の缶詰料理」を野崎洋光さんがご紹介。ここでは、「さんまのかば焼き柳川風」の作り方になります。さんまの缶詰は、甘辛いかば焼き味なので、ごぼうの風味と相性抜群!パパッとすませたいランチにもおすすめです。

さんまのかば焼き柳川風の材料(2人分)

 

さんまのかば焼き(缶詰) 1缶(100g)
2コ
ごぼう 70g
ねぎ 1/2本(60g)
みつば 3本
A
缶汁 1缶分
90ml
しょうゆ 大さじ1強

 

 

さんまのかば焼き柳川風の作り方

1、ごぼう(70g)は水でサッと洗って水けをきり、縦に切り込みを数本入れ、包丁の刃先で薄くそいでささがきにします。

みつば(3本)はザク切りにします。

ねぎ(1/2本(60g))は1cm幅の斜め切りにします。

卵(2コ)は軽く溶きほぐします。

さんまのかば焼き(缶詰 1缶(100g))は缶汁を取り分け、一口大に切ります。

 

 

2、小さめの鍋にごぼう、ねぎ、さんまのかば焼きを入れ、Aの缶汁(1缶分)・水(90ml)・しょうゆ(大さじ1強)を加え、中火にかけます。

ひと煮立ちしてごぼうに火が通ったら、溶き卵の半量を回し入れます。

 

 

3、ひと呼吸おいて、卵が固まってきたら残りの溶き卵を回し入れ、半熟状になったら火から下ろし、みつばをのせます。

好みで粉ざんしょう(分量外)をふってもよい。

 

 

 

さんまのかば焼き柳川風

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ