最新レシピをお知らせします

最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後、自動返信メールが送信されますので、認証してください

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

さけ中骨缶のあら炊きご飯

さけ中骨缶のあら炊きご飯

 

料理名 さけ中骨缶のあら炊きご飯
番組名 ごごナマ
料理人 野崎洋光
放送局 NHK
放送日 2020年9月23日(水)

 

コメント

野崎洋光さんが簡単な缶詰レシピを紹介。ここでは「さけ中骨缶のあら炊きご飯」の作り方になります。中骨入りのさけ缶をそのままご飯に炊き込めば、おいしいあら炊きご飯の出来上がり。骨も柔らかく食べられて、カルシウムも摂れてうれしい炊き込みご飯です。

さけ中骨缶のあら炊きご飯の材料(2~3人分)

 

さけの中骨(缶詰) 1缶(150g)
2合
油揚げ 1枚
ごぼう 1本(100g)
生しいたけ 2枚
しめじ 1/2パック(50g)
みつば 10本
A
300ml
うす口しょうゆ 大さじ2
缶汁 大さじ2

 

 

さけ中骨缶のあら炊きご飯の作り方

1.米(2合)は洗って15分間ほど水(300ml)に浸し、ざるに上げて15分間おき、水きりします。

2.さけの中骨(缶詰 1缶(150g))は缶汁(大2)をきります。

油揚げ(1枚)は細かいみじん切りにします。

ごぼう(1本(100g))はサッと洗って水けをきり、3mm厚さの輪切りにします。

生しいたけ(2枚)は軸を切り落として薄切りにします。

しめじ(1/2パック(50g))は、根元の部分を切って小房に分けます。

しいたけ、しめじを熱湯に15秒間ほど浸し、ざるに上げて水けをきります。

3.炊飯器の内釜に1の米とAの水(300ml)・うす口しょうゆ(大さじ2)・缶汁(大さじ2)を混ぜ、さけの中骨、2をのせ、早炊きモードで炊きます。

4.炊き上がったらみつば(10本)を加えて2分間ほど蒸し、ザックリと混ぜ、器に盛ります。

 

さけ中骨缶のあら炊きご飯

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ