鴨の焼きづけ

鴨の焼きづけ

料理名 鴨の焼きづけ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 田口 成子
放送局 日本テレビ
放送日 2018年12月27日(木)

 

コメント

「鴨の焼きづけ」の作り方のご紹介です。鴨肉は塊のまま、皮目を下にしてつけ汁ごと保存容器に入れ、冷蔵庫で4日ほど保存可能。いちじく白ワイン煮は保存容器に入れ、冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

鴨の焼きづけの材料(2枚)

 

鴨胸肉 2枚(500g)
つけ汁
しょうゆ 1/4カップ
1/4カップ
みりん 大さじ1
1/4カップ
黒酢 大さじ1
いちじくの白ワイン煮
干しいちじく 5~8個(80g)
白ワイン 1/2カップ
3カップ

 

 

鴨の焼きづけの作り方

1、鴨胸肉(2枚(500g))は冷蔵庫からとり出して室温に20分ほどおき、ペーパータオルで水気をふきます。

2.つけ汁のしょうゆ(1/4カップ)・酒(1/4カップ)・みりん(大さじ1)・水(1/4カップ)を混ぜ合わせておきます。

3.フライパンを熱し、鴨肉の皮目を下にして入れ、出てきた脂はペーパータオルでふきながら均一に焼き色がつくまで焼きます。

鴨肉を返してふたをし、弱火でさらに8~10分蒸し焼きにします。

4.ふたをとり、指で鴨肉を押して弾力が出てきたら皮目を下にし、黒酢(大1)を加えて煮からめます。

鴨肉をとり出し、(2)を加えて2~3分煮つめ、鴨肉を戻してつけ汁を全体にからめてひと煮します。

バットなどに皮目を下にしてつけ汁ごと移し、そのまま冷まして味をなじませます。

5.いちじく白ワイン煮を作ります。

小鍋に洗った干しいちじく(5~8個(80g))を入れて白ワイン(1/2カップ)と分量の水(3カップ)を注ぎ、ふたを少しずらしてのせ、弱火で30~40分煮ます。

煮汁を煮つめ、とり出して冷まします。

6.(4)の鴨肉を薄切りにして器に盛り、(5)のいちじく白ワイン煮を2~4つに切って添えます。

つけ汁を添え、鴨肉につけながら食べます。

●塊のまま、皮目を下にしてつけ汁ごと保存容器に入れ、冷蔵庫で4日ほど保存可能。いちじく白ワイン煮は保存容器に入れ、冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

 

 

このページの先頭へ