精進ずし

精進ずし

精進ずし

料理名 精進ずし
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 田口 成子
放送局 日本テレビ
放送日 2014年8月15日(金)

 

ほっとするおいしさ

この時期にぴったりの精進ずし。さめてもおいしい一品。作りおきの具があると食べたいときにすぐに作れて便利です。

精進ずしの材料(4人分)

 

2合
▼合わせ酢
1/3カップ
小さじ1
砂糖 大さじ1
油揚げ 2枚(100g)
高野豆腐 2個(40g)
干し椎茸(もどす) 4枚
にんじん 1本(150g)
だし汁 1+1/2カップ
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2+1/2
みりん 大さじ1/2
さやいんげん 40g
2個
炒り白ごま 大さじ2
●塩、油

 

精進ずしの作り方

1、米(2合)は洗ってザルに上げ、炊飯器に入れて2合の目盛りまで水を加え、そこから1/3カップの水をとり除いて普通に炊く。

2、合わせ酢(1/3カップ)の調味料をよく混ぜ合わせておく。

 

精進ずし3、油揚げ(2枚(100g))は熱湯をかけて油抜きし、縦半分に切ってから7~8mm幅の短冊に切る。高野豆腐(2個(40g))はぬるま湯に20~30分つけてもどし、水の中で押し洗いしてから水気を絞り、油揚げと同じくらいの大きさの短冊に切る。

4、もどした干し椎茸(もどす 4枚)は軸を除き、半分に切ってから薄切りにする。にんじん(1本(150g))は2cm長さの短冊に切る。

5、鍋にだし汁(1+1/2カップ)と(3)、(4)を入れて火にかけ、煮立ったらしょうゆ(大2)、砂糖(大2+1/2 大1)、みりん(大1/2)を加え、ときどき混ぜながら煮汁がほぼなくなるまで12~13分煮る。煮上がりは汁気がほとんどなくなるが、少しおくと汁気が出てくる状態。

6、さやいんげん(40g)は塩(小1)少々を加えた熱湯で色よくゆで、水気をきって斜め切りにする。卵(2個)は溶きほぐし、油を薄くひいたフライパンに薄く流して2枚焼き、5~6cm幅に切ってから細切りにする(錦糸卵)。

※具は冷蔵庫で2~3日は保存可能です。使うときに電子レンジで軽く温めます。

精進ずし7、(1)が炊き上がったら飯台に移し、合わせ酢をまわし入れ、しゃもじで切るようにして手早く混ぜる。

※合わせ酢と米を合わせるときは、さっくりまんべんなく。いつまでも混ぜているとお米がつぶれてぐちゃっとします。また、具材はすし飯が温かいうちに混ぜましょう。

 

8、すしめしが温かいうちに広げ、温かい(5)を上にのせて広げ、すしめしを返すようにしながら混ぜていく。こうすると具が全体に均一に混ざりやすい。さらに炒り白ごま(大2)を指でひねりながら散らしてさっくりと混ぜる。

精進ずし

精進ずし

9、器に盛り、さやいんげんと錦糸卵を彩りよく散らす。

このページの先頭へ