最新レシピをお知らせします

こちらにご登録ください。
最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後メールが送信されます
※osarai-kitchen.comからのメール受信を許可してください


白身魚の酒蒸し 豆チラー油がけ

白身魚の酒蒸し 豆チラー油がけ

料理名 白身魚の酒蒸し 豆チラー油がけ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 石原 洋子
放送局 日本テレビ
放送日 2018年7月19日(木)

 

コメント

「白身魚の酒蒸し 豆チラー油がけ」の作り方のご紹介です。

白身魚の酒蒸し 豆チラー油がけの材料(4人分)

 

白身魚(たちうお、いさき、鯛など) 4切れ(480g)
(塩少々酒大さじ1水大さじ2)
長ねぎ 1/2本(50g)
赤ピーマン 1/2個(25g)
香菜 1~2株
豆チラー油(作りやすい分量)
大さじ6
赤唐辛子のみじん切り 3本分
にんにくのみじん切り 大さじ1/2
しょうがのみじん切り 大さじ1/2
玉ねぎのみじん切り 1/3個分(70g)
豆チのみじん切り 大さじ4
クミンパウダー 小さじ1
こしょう 少々
小さじ2/3
大さじ1

 

 

白身魚の酒蒸し 豆チラー油がけの作り方

1、豆チラー油を作ります。(作りやすい分量。でき上がりのと1/4量を使用)

小さめのフライパンに油(大6)を熱し、赤唐辛子のみじん切り(3本分)、にんにくのみじん切り(大1/2)、しょうがのみじん切り(大1/2)を弱めの中火で炒めます。

香りが立ったら玉ねぎのみじん切り(1/3個分(70g))を加えてしんなりするまで炒め、豆チのみじん切り(大4)、クミンパウダー(小1)、こしょう(少々)、塩(小2/3)、酢(大1)を加えて炒め合わせます。

●残った豆チラー油は清潔なびんに入れ、冷蔵庫で1か月は保存できます。ゆでた中華めんやうどんとあえたり、豆腐にかけたりしてもおいしい。

 

2、白身魚(たちうお、いさき、鯛など 4切れ(480g))に塩(少々)をふり、10分ほどおきます。

●(たちうおの場合は、背にV字に切り込みを入れて背ビレを除く)

 

3、長ねぎ(1/2本(50g))は5cm長さに切り、縦に切り込みを入れて芯を除き、白い部分をせん切りにし、冷水にさらします。赤ピーマン(1/2個(25g))は縦細切りにし、水にさらしてシャキッとさせます。

香菜(1~2株)はざく切りにします。

長ねぎ、赤ピーマンの水気をきり、香菜と合わせておきます。

 

4、(2)の白身魚の水気をふき、フライパンに並べ、酒(大1)と分量の水(大2)をまわしかけ、ふたをして中火にかけます。

煮立ったら弱火にし、魚に火が通るまで8~10分蒸し煮にします。

 

5、器に汁気をきった白身魚を盛り、(1)の豆チラー油の使用量の半量を等分にかけ、(3)の野菜をのせて、さらに上から残りの豆チラー油をかけます。

 

 

 

白身魚の酒蒸し 豆チラー油がけ

このページの先頭へ