焼き小籠包

焼き小籠包

料理名 焼き小籠包
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 小林 まさみ
放送局 日本テレビ
放送日 2019年2月22日(金)

 

コメント

「焼き小籠包」の作り方のご紹介です。

焼き小籠包の材料(4人分)

 

ギョーザの皮 (大)1袋(20枚)
1カップ
オイスターソース 小さじ1
粉寒天 小さじ1
万能ねぎ 1/2わ(50g)
肉だね
豚ひき肉 200g
砂糖 小さじ1/2
しょうゆ 小さじ2
小さじ2
オイスターソース 小さじ1
ごま油 小さじ1
おろししょうが 小さじ1
こしょう 少々
炒り白ごま 少々
黒酢 適量
●油、ごま油

 

 

焼き小籠包の作り方

1、小鍋に分量の水(1カップ)、オイスターソース(小1)、粉寒天(小1)を入れて混ぜます。

強めの中火にかけ、ときどき混ぜながらしっかり煮立てて寒天を溶かします。

ボウルにあけ、固まるまで30分ほどおきます。

 

2、万能ねぎ(1/2わ(50g))は小口切りにし、30gをとり分けます。

 

3、ボウルに肉だねの豚ひき肉(200g)・砂糖(小さじ1/2)・しょうゆ(小さじ2)・酒(小さじ2)・オイスターソース(小さじ1)・ごま油(小さじ1)・おろししょうが(小さじ1)・こしょう(少々)を入れ、手で粘りが出るまでよく練り混ぜます。

万能ねぎ30gを加えてさらに混ぜます。

 

4、(1)の寒天が固まったら、包丁で粗く刻みます。

 

5、(3)に(4)を加え、なじむまで混ぜます。

 

6、ギョーザの皮((大)1袋(20枚))に(5)を大さじ1強のせ、皮の縁に水をぬり、半分に折って中心をとめます。

右手前の皮を左に向かってひだを3つ寄せる。ギョーザの前後を変えて置き、反対側も同様にひだを寄せる。ひだとひだを合わせてとめ、両端を少し折り返して丸い形に整えます。同様にして20個包みます。

 

7、半量ずつ焼きます。

フライパンにペーパータオルで油を薄くぬり、(6)の半量を間隔をあけて並べ、水1/2カップを注ぎます。ふたをして強めの中火にかけ、水分が少なくなるまで蒸し焼きにします。

パチパチと音がしてきたらふたをとって水分を飛ばし、中火にしてごま油小さじ2をまわし入れ、こんがりと色づくまで焼きます。

残りも同様に焼きます。

 

8、器に盛り、残りの万能ねぎと炒り白ごま(少々)をふり、黒酢(適量)を添えます。

 

 

このページの先頭へ