さんまのカレー焼き

さんまのカレー焼き

さんまのカレー焼き

料理名 さんまのカレー焼き
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 小林 まさみ
放送局 日本テレビ
放送日 2017年9月14日(木)

 

カレー塩をすり込み

「さんまのカレー焼き」の作り方のご紹介です。直前にカレー塩をすり込み、小麦粉をまぶし焼き上げた一品。つけ合わせのいんげんは直焼き(蒸し焼き)で火を通し味わいアップさせます。

さんまのカレー焼きの材料(4人分)

 

さんま 4尾(550~600g)
カレー粉 小さじ2
小さじ2/3
小麦粉 適量
さやいんげん 20本(100~120g)
塩、こしょう 各少々
すだち 2個
カレー粉 少々
●塩、油

 

 

さんまのカレー焼きの作り方

1、さんま(4尾(550~600g))は頭を切り落として3等分の筒切りにし、箸を差し込んで腹ワタを除きます。塩水の中で中骨の際を指でこすって洗い、流水できれいに洗い、水気をふきます。

2、さやいんげん(20本(100~120g))はヘタを切ります。

3、フライパンに油大さじ1を熱し、さやいんげんを強めの中火で炒め、油がまわったら水大さじ2を加え、ふたをして弱火で4~5分蒸し焼きにします。

ふたをとって水分を飛ばしてこんがり炒め、塩、こしょう各少々をふり、取り出します。

4、カレー粉(小2)と塩(小2/3)を混ぜ、焼く直前にさんまの皮目にすり込み、小麦粉(適量)を茶こしで薄くまぶします。

さんまのカレー焼き

5、フライパンをふき、油大さじ1+1/2を熱し、さんまを並べて中火で2分ほどこんがり焼き、返して1分30秒~2分焼きます。

さんまのカレー焼き

6、器に盛り、さやいんげんと半分に切ったすだち(2個)を添え、カレー粉(少々)をふります。食べるときにすだちを絞ります。

さんまのカレー焼き

さんまの人気レシピ

第1位

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で煮るので、骨まで食べれます! お魚の栄養+カルシウムも採れます(*^^*) ご飯が進む一品です。

第2位

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ほんとにご飯が進みます。いくらでも食べられる勢いのスーパーおかずです。

第3位

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

焼き魚が一番だけど、たまにはこんなのも。 骨までほろほろです。

第4位

ご飯がすすむ☆冷めてもおいしいサンマの蒲焼

ご飯がすすむ☆冷めてもおいしいサンマの蒲焼

ご飯がすすむおかずです。 冷めてもおいしいのでお弁当にもGOOD!

このページの先頭へ