鶏とキノコのみぞれ煮

鶏とキノコのみぞれ煮

料理名 鶏とキノコのみぞれ煮
番組名 ノンストップ!
コーナー 笠原将弘のおかず道場
料理人 笠原将弘
放送局 フジテレビ
放送日 2018年10月30日(火)

 

コメント

ノンストップ!では、「賛否両論」の笠原将弘さんが、「鶏とキノコのみぞれ煮」の作り方を紹介していました。

少し肌寒くなるこの季節にぴったりのあったか煮物。「とろみをつけた煮汁に大根おろしを加えるので、さっぱりとした口当たりに。シイタケは手でちぎると香りが際立ち、味もよくしみます。軸からもいいだしが出るので捨てずに加えてください」。むき栗も加え、秋の食卓に映える一品が完成

鶏とキノコのみぞれ煮の材料(2人分)

 

鶏モモ肉 1/2枚(150g)
シイタケ 4枚
大根 1/10本(100g)
ミズナ 1/6束
長ネギ 1/4本
A
1カップ(200cc)
昆布 2.5g
しょうゆ、みりん 各大さじ1
B
片栗粉、水 各大さじ1/2
むき栗 15g
一味唐辛子 適量

 

 

鶏とキノコのみぞれ煮の作り方

1.大根(1/10本(100g))は皮をむいてすりおろし、ザルに上げて水気をきります。

 

 

 

2.シイタケ(4枚)は軸を除き、手で2~3等分にちぎります。軸は根元を少し切り落とし、手で細く裂きます。ミズナ(1/6束)は5cm長さに切ります。

長ネギ(1/4本)は斜め薄切りにします。

 

 

 

3.鶏モモ肉(1/2枚(150g))はひと口大に切り、フライパンに皮目を下にして並べ、中火で焼きます。

両面に焼き目がついたら、シイタケ、長ネギを加え、さっと炒めます。

 

 

 

4.Aの水(1カップ(200cc))・昆布(2.5g)・しょうゆ、みりん(各大さじ1)を加えてアルミ箔をかぶせ、弱火で7~8分間煮ます。

Bの片栗粉、水(各大さじ1/2)を合わせた水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつけ、1、ミズナを加えてさっと煮ます。

 

 

 

5.器に盛り、粗く刻んだむき栗(15g)を散らし、一味唐辛子(適量)をふります。

このページの先頭へ