サバとカブのさっぱり煮

サバとカブのさっぱり煮

料理名 サバとカブのさっぱり煮
番組名 ノンストップ!
コーナー 笠原将弘のおかず道場
料理人 笠原将弘
放送局 フジテレビ
放送日 2018年9月11日(火)

 

コメント

ノンストップ!では、「賛否両論」の笠原将弘さんが、「サバとカブのさっぱり煮」の作り方を紹介していました。旬のカブと脂がのったサバをたっぷりの酢で煮た秋の食卓にふさわしい一品。すっきりと上品な味に仕上げる秘訣はサバの下ごしらえ。煮る前に熱湯にくぐらせて霜降りにすると、臭みが取れて煮くずれもしません。ゴマであえたカブの茎を彩りに添えます。

サバとカブのさっぱり煮の材料(2人分)

 

サバ(切り身) 2切れ
カブ 2個
A
250cc
酢、酒 各1/4カップ(50cc)
しょうゆ 40cc
砂糖 大さじ2
昆布 2.5g
適量
B
すりゴマ(白)、しょうゆ、砂糖 各大さじ1/2

 

 

サバとカブのさっぱり煮の作り方

1.サバ(切り身 2切れ)は包丁で皮目に1cm間隔に切り目を入れます。

沸騰した湯にさっとくぐらせ、表面が白くなったら氷水(分量外)に取り、汚れを洗い流します。

ペーパータオルではさんで水気をしっかり取ります。

 

 

 

2.カブ(2個)は皮をむいて半分に切ります。

茎は小口切りにします。

 

 

 

3.鍋にAの水(250cc)・酢、酒(各1/4カップ(50cc))・しょうゆ(40cc)・砂糖(大さじ2)・昆布(2.5g)を入れてひと煮立ちさせ、サバを皮を上にして加えます。

再び煮立ったらアルミ箔をかぶせ、弱火で10分ほど煮ます。

 

 

 

4.カブの茎は塩(適量)でもみ、水気をしっかり絞ってBのすりゴマ(白)、しょうゆ、砂糖(各大さじ1/2)であえます。

3を器に盛って煮汁をはり、カブの茎をのせます。

このページの先頭へ