うな玉すし

うな玉すし

料理名 うな玉すし
番組名 ノンストップ!
コーナー 笠原将弘のおかず道場
料理人 笠原将弘
放送局 フジテレビ
放送日 2019年7月16日(火)

 

コメント

ノンストップ!では、「賛否両論」の笠原将弘さんが、「麻婆ズッキーニ」の作り方を紹介していました。ウナギのかば焼きを使ってふんわり卵でウナギをかさ増し!手巻きにしていただきます。

うな玉すしの材料(2人分)

 

ウナギのかば焼き(市販品) 1/2尾
1個
温かいご飯 300g
キュウリ 1/2本
A
大さじ1.5
砂糖 大さじ1/4
粉山椒 適量
B
大さじ2.5
砂糖 大さじ1
小さじ1/2
ウナギのタレ(付属のもの) 1/2袋
大さじ2
適量
焼きのり(全形) 1枚
いりゴマ(白) 適量

 

 

うな玉すしの作り方

1.キュウリ(1/2本)は小口切りにして塩もみし(分量外)、しんなりしたらさっと洗って水気をしっかり絞ります。Aの酢(大さじ1.5)・砂糖(大さじ1/4)・粉山椒(適量)であえておきます。

 

 

 

2.温かいご飯(300g)は熱いうちに混ぜ合わせたBの酢(大さじ2.5)・砂糖(大さじ1)・塩(小さじ1/2)を回し入れ、切るように混ぜて酢飯を作ります。

 

 

3.ウナギのかば焼き(市販品 1/2尾)は細切りにし、付属のタレをまぶします。

フライパンを中火で熱して酒(大2)を入れ、フツフツしたらウナギを入れ、ふっくらとするまでいります。

 

 

4.卵(1個)は溶きほぐして塩(適量)を混ぜ、3に流し入れて大きく混ぜ、半熟状になったら火を止めます。

 

 

 

5.焼きのり(全形 1枚)を4等分の正方形に切って、4、1を順にのせ、いりゴマ(白 適量)をふって器に盛ります。

のりで巻いて食べます。

このページの先頭へ