鶏と高菜の炒めもの

鶏と高菜の炒めもの

鶏と高菜の炒めもの

料理名 鶏と高菜の炒めもの
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
ゲスト IVAN
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年2月7日(火)

 

高菜漬けがポイント

「さらに安く」というテーマで、「鶏と高菜の炒めもの」の作り方の紹介です。鶏のささみと高菜漬けをごぼうなどの根菜と炒め合わせた一品。「高級な中華料理のコースの一品のよう。具が全部おいしい。高菜がいい味を出しているんですね。思った以上においしいのでびっくりしています。高菜は使えますね。」と上沼恵美子さん。

鶏と高菜の炒めものの材料(2人分)

 

ささみ 3本
高菜漬け(刻み) 30g
にんじん 25g
ごぼう 30g
青ねぎ 2本
しょうが(薄切り) 5g
にんにく(薄切り) 5g
赤唐辛子(輪切り) 1本
ごま油 小さじ2
適量
ささみの下味
少量
こしょう 適量
紹興酒 小さじ1
片栗粉 小さじ1
炒め調味料
紹興酒 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
砂糖 ひとつまみ

 

 

鶏と高菜の炒めものの作り方

1、ささみ(3本)は7mm厚さのそぎ切りにします。

2、ごぼう(30g)は斜め薄切りにし、水に落としてアクを取り、水気を取ります。

3、にんじん(25g)は2mm厚さの薄切りにし、青ねぎ(2本)は4cm長さに切り、白い部分と青い部分に分けます。

4、ささみにささみの下味の塩(少量)、こしょう(適量)、紹興酒(小1)を加えてもみ込み、片栗粉(小1)を加えてほぐし、鍋に油(適量)を熱し、弱火で焼いて取り出します。

※ささみは広げて入れる。
※ささみは一度取り出す。

5、鍋をふいてごま油(小2)を熱し、ごぼう、青ねぎの白い部分、しょうが(薄切り 5g)とにんにく(薄切り 5g)、赤唐辛子(輪切り 1本)を中火で炒め、高菜漬け(刻み 30g)、にんじんの順に加えて炒めます。

6、(5)にささみを戻し入れ、炒め調味料の紹興酒(小1)、しょうゆ(小1)、砂糖(ひとつまみ)を加え、青ねぎの青い部分を加えます。

鶏と高菜の炒めもの

7、器に盛ります。

鶏と高菜の炒めもの

このページの先頭へ