鯛の棒ずし

鯛の棒ずし

料理名 鯛の棒ずし
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年7月22日(月)

 

コメント

「夏休みの食卓に」というテーマで、「鯛の棒ずし」の作り方の紹介です。「とてもキレイなおすしですね。夏休みに親戚などが集まったときのおもてなしにもピッタリです。火を使わないし、思っていたより簡単にできるところもいいですね。」と上沼恵美子さん。

鯛の棒ずしの材料(2〜3人分)

 

たい(刺身用) 250g
適量
昆布茶 適量
青じそ 5枚
しょうがの甘酢漬け 30g
すし飯
ご飯 2合分
60ml
砂糖 30g
10g
いりごま(白) 適量

 

 

鯛の棒ずしの作り方

1、寿司飯を作ります。

酢(60ml)、砂糖(30g)、塩(適量)を混ぜ合わせ、炊きたてのご飯(2合分)に合わせ、あおぎながらきるように混ぜ、粗熱を取っていりごま(白 適量)を混ぜます。

 

2、たい(刺身用 250g)を3mm厚さのそぎ切りにしてバットに広げ、塩(10g)、昆布茶(適量)をふり、ラップをかけて冷蔵庫で10分置きます。

 

3、棒ずしを2本作ります。

(1)の寿司飯を練って空気を抜き、棒状にのばし、巻き簾の上にラップを広げ、たい、縦半分に切った青じそ(5枚)、寿司飯をのせて包み、棒状に形を整えます。

 

4、(3)を適当な幅に切って器に盛り、しょうがの甘酢漬け(30g)を添えます。

 

鯛の人気レシピ

第1位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第2位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第3位

決定版!失敗なしの魚のあら煮

決定版!失敗なしの魚のあら煮

お魚屋さんで売られているようなあら煮に憧れて色々と試行錯誤して完成したレシピです! 間違いなし、失敗なし!!これが決定版です。

第4位

鯛のポワレ ラビゴットソース

鯛のポワレ ラビゴットソース

身はふっくら、皮はパリッと焼き上げた鯛に、爽やかな酸味の夏野菜のソースを添えていただきます。白ワインやスパークリングワインにぴったりの一皿です。

このページの先頭へ