鯛と柿のさっぱり和え

鯛と柿のさっぱり和え

鯛と柿のさっぱり和え

料理名 鯛と柿のさっぱり和え
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年12月26日(月)

 

鯛と干し柿を和えて

「お酒に合うメニュー」というテーマで、「鯛と柿のさっぱり和え」の作り方の紹介です。鯛の旨みと干し柿の甘さが絶妙な一品。お酒によく合います。「柚子入ってないんですけど柚子感じる。おいしい、柿が。ねっとり感が。干し柿のねっとり感がたいと大根のいい“渡し船”になっていますね。旨みのかたまりですね。」と上沼恵美子さん。

鯛と柿のさっぱり和えの材料(2人分)

 

たい(刺身用) 150g
小さじ1/3
昆布茶 小さじ1/4
干し柿 1個
大根 50g
塩昆布 5g
青じそ(せん切り) 3枚
いりごま(白) 小さじ1
塩水
150ml
小さじ2/3
(しょうが酢)
だし 大さじ3と1/3
砂糖 小さじ1/2
大さじ1と2/3
薄口しょうゆ 小さじ1/2
しょうが汁 小さじ1/2

 

 

鯛と柿のさっぱり和えの作り方

1、たい(刺身用 150g)は7mm角、5cm長さの棒状に切り、塩(小1/3)と昆布茶(小1/4)を混ぜてふりかけ、10分以上置きます。

鯛と柿のさっぱり和え

※たいは塩と昆布茶をふって旨みを加える。

2、干し柿(1個)は5mm角の棒状に切ります。

3、大根(50g)は5mm角、5cm長さに切り、塩水の水(150ml)に塩(小2/3)を溶かして、大根を漬けて10分置き、取り出して絞ります。

※大根は塩水に漬けて食感を出す。

4、しょうが酢のだし(大3と1/3)、砂糖(小1/2)、酢(大1と2/3)、薄口しょうゆ(小1/2)、しょうが汁(小1/2)を合わせます。

5、ボウルにたい、干し柿、大根、青じそ(せん切り 3枚)、塩昆布(5g)を混ぜ合わせ、(4)のしょうが酢の一部で和えます。

鯛と柿のさっぱり和え

6、器に(5)を盛り、残りのしょうが酢を適量かけて、いりごま(白 小1)を散らして、鯛と柿のさっぱり和えの完成。

鯛と柿のさっぱり和え

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第3位

プロから教わった金目鯛の煮つけ

プロから教わった金目鯛の煮つけ

よく行く居酒屋さんに教えてもらいました

第4位

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

イタリア風魚の煮物です。簡単に作れるのに魚の骨やあさりからいいお出汁が出て最高に美味しく魚が食べられます。見栄えもするのでおもてなしにも♪

このページの先頭へ