鯛とカブの蒸し煮

鯛とカブの蒸し煮

料理名 鯛とカブの蒸し煮
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 小池浩司
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年12月18日(火)

 

コメント

「簡単スピードメニュー」というテーマで、「鯛とカブの蒸し煮」の作り方の紹介です。「すごく上品で、幸せになるお味。ソースのバターとブイヨンの割合が絶妙で、口の中でとろけるほどやわらかいかぶをとても生かしています。ソースひとつでこんなにおいしくなるんですね。
」と上沼恵美子さん。

鯛とカブの蒸し煮の材料(2人分)

 

たい 2切れ(160g)
粉山椒 適量
かぶ 1個(120g)
かぶの葉 10g
小さじ1/3
ブイヨン 100ml
バター 20g
レモンの皮 適量
適量
こしょう 適量

 

 

鯛とカブの蒸し煮の作り方

1、かぶ(1個(120g))は皮をむき、5mm厚さの輪切りにし、かぶの葉(10g)は1cm角に切ります。

 

2、たい(2切れ(160g))の両面に塩、こしょう(各適量)をし、皮目に粉山椒(適量)をふります。

 

3、フライパンにかぶを敷きつめ、分量の塩(小1/3)とブイヨン(100ml)を入れ、たいをおいてバター(20g)をのせ、強火にかけて煮立ったら蓋をし、中火で3〜4分蒸し煮にします。

 

4、(3)にかぶの葉を加え、レモンの皮(適量)をすりおろしながらふり、器に盛ります。

 

 

このページの先頭へ