鯛とわかめの酒蒸し

鯛とわかめの酒蒸し

鯛とわかめの酒蒸し

料理名 鯛とわかめの酒蒸し
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年10月16日(月)

 

鯛をわかめと

「蒸しもの・蒸し煮」というテーマで、「鯛とわかめの酒蒸し」の作り方の紹介です。「薬味になぜ片栗粉をまぶすの?と思っていましたが、蒸した時に出る水分を見事に吸ってくれて、仕上がりが水っぽくない。さすがプロの技ですね!」と上沼恵美子さん。

鯛とわかめの酒蒸しの材料(2人分)

 

たい 400g
わかめ(乾) 8g
長ねぎ 2本
しょうが(せん切り) 20g
片栗粉 大さじ1
小さじ1/2
ごま油 大さじ1と1/2
適量
適量
ねぎだれ
しょうゆ 大さじ4
大さじ2と2/3
柚子の絞り汁 大さじ2と2/3
砂糖 小さじ1
大さじ1

 

 

鯛とわかめの酒蒸しの作り方

1、たい(400g)は1cm厚さのそぎ切りにし、薄く塩をふって15分置き、洗って水気を取ります。

鯛とわかめの酒蒸し

※たいに薄く塩(適量)をして15分置く。

2、わかめ(乾 8g)は水につけて戻し、適当な大きさに切り、長ねぎ(2本)の白い部分は斜め切りにし、青い部分の20gを小口切りにします。

 

3、ボウルにわかめ、ねぎの白い部分、しょうが(せん切り 20g)、片栗粉(大1)、塩(小1/2)、ごま油(大1と1/2)を混ぜ合わせます。

鯛とわかめの酒蒸し

4、器に(3)を盛り、たいをのせて酒少量をふり、蒸気の上がった蒸し器に入れ、中火で7分蒸します。

鯛とわかめの酒蒸し

5、しょうゆ(大4)、酢(大2と2/3)、柚子の絞り汁(大2と2/3)、砂糖(小1)を合わせ、フライパンに油(大1)を熱し、ねぎの青い部分を炒めて香りを出してから、合わせた調味料に加えます。

※長ねぎの青い部分は炒めて香りを出す。

6、(4)を取り出し、(5)を器に入れて添えます。

鯛とわかめの酒蒸し

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第3位

プロから教わった金目鯛の煮つけ

プロから教わった金目鯛の煮つけ

よく行く居酒屋さんに教えてもらいました

第4位

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

イタリア風魚の煮物です。簡単に作れるのに魚の骨やあさりからいいお出汁が出て最高に美味しく魚が食べられます。見栄えもするのでおもてなしにも♪

このページの先頭へ