鯛かぶら鍋

鯛かぶら鍋

鯛かぶら鍋

料理名 鯛かぶら鍋
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 安田美沙子
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年12月8日(木)

 

鯛のあらで旨み倍増!

「アイデア鍋」というテーマで、「鯛かぶら鍋」の作り方の紹介です。焼いた鯛のあらでとっただし汁は絶品!作り方も必見です。「ぶりしゃぶも美味しいですけど、たいも美味しい。たいのおだしがしっかりと出ていますね。コクがあります。旨みだけを残してクセがなく、食べやすいです。かぶもおいしい!噛まなくてもいいほどやわらかいです」と、はーっと深いため息をついた上沼恵美子さんでした。

鯛かぶら鍋の材料(4人分)

 

たいのあら 200g
たい(皮つき) 300g
かぶ 2個(450g)
京揚げ 1枚
水菜 100g
青ねぎ 2本
柚子の皮(せん切り) 1/2個分
適量
鍋だし
だし 1.2リットル
みりん 50ml
小さじ1
薄口しょうゆ 40ml

 

 

鯛かぶら鍋の作り方

1、たいのあら(200g)は魚焼きグリルで香ばしく焼き、たいの身(皮つき 300g)は厚めのそぎ切りにし、薄く塩(適量)をふります。

※たいの身は薄く塩をふる。

2、かぶ(2個(450g))は茎を少し残して8等分のくし形に切り、葉を少し残して皮をむき、京揚げ(1枚)は一口大に切り、水菜(100g)は5cm長さに切ります。青ねぎ(2本)は斜め薄切りにし、柚子の皮(せん切り 1/2個分)と共に水に入れて混ぜ、水分を取ります。

3、土鍋に鍋だし(1.2リットル)の冷めただし、たいのあら、かぶを加えて煮立て、アクを取り、10分煮ます。

鯛かぶら鍋

※冷めただしに焼いたあらを入れる。

4、(3)にみりん(50ml)、塩(小1)、薄口しょうゆ(40ml)を加え、京揚げ、水菜を加えてサッと煮て、たいの身をくぐらせて火を通しながら、青ねぎと柚子を添え、鯛かぶら鍋の完成。

鯛かぶら鍋

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第3位

プロから教わった金目鯛の煮つけ

プロから教わった金目鯛の煮つけ

よく行く居酒屋さんに教えてもらいました

第4位

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

イタリア風魚の煮物です。簡単に作れるのに魚の骨やあさりからいいお出汁が出て最高に美味しく魚が食べられます。見栄えもするのでおもてなしにも♪

このページの先頭へ