昆布と鯛の和えもの

昆布と鯛の和えもの

料理名 昆布と鯛の和えもの
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年8月13日(月)

 

コメント

「海の香り」というテーマで、「昆布と鯛の和えもの」の作り方の紹介です。「京都の床でいただくお食事に出てきそう!この季節にはピッタリの、涼しさを呼ぶお料理ですね。」と上沼恵美子さん。

昆布と鯛の和えものの材料(2人分)

 

刻み昆布 15g
たい(刺身用) 200g
長いも 70g
きゅうり 1本
だし 200ml
砂糖 小さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1と1/3
大さじ2
適量

 

 

昆布と鯛の和えものの作り方

1、刻み昆布(15g)はだし(200ml)に10分漬けます。

 

2、(1)を火にかけ、砂糖(小1)、薄口しょうゆ(大1と1/3)を加えてひと煮立ちさせ、酢(大2)を加えて火を止め、鍋底を氷水につけて粗熱を取ります。

 

3、たい(刺身用 200g)は3mm厚さのそぎ切りにし、薄く塩(適量)をして10分置きます。

 

4、長いも(70g)は3cm長さ、1cm幅、2mm厚さの短冊切りにし、きゅうり(1本)は縦半分に切り、種を取り除いて斜め薄切りにし、薄く塩をまぶして10分置き、絞ります。

 

5、ボウルに(3 4)を合わせ(2)を加えて混ぜて器に盛り、昆布の漬け汁を適量かけます。

 

このページの先頭へ