ぶりのピリ辛照り焼き

ぶりのピリ辛照り焼き

ぶりのピリ辛照り焼き

料理名 ぶりのピリ辛照り焼き
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 相島一之
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年1月15日(木)

 

ご飯もお酒もすすむ一品

冬の魚介というテーマの料理から、「ぶりのピリ辛照り焼き」のご紹介です。あっという間にブリの生臭みを消す方法は必見!「この照り焼きは全然生臭くない。別物ですね。柚子こしょうのピリ辛が後からきますね。」と上沼恵美子さん。

ぶりのピリ辛照り焼きの材料(2人分)

 

ぶり 2切れ(260g)
ししとう 4本
大根 200g
ベビーリーフ 適量
適量
小麦粉 適量
少量
合わせだれ
砂糖 大さじ1と1/2
大さじ2と2/3
みりん 大さじ2と2/3
しょうゆ 大さじ2と2/3
柚子こしょう 大さじ1/4

 

 

ぶりのピリ辛照り焼きの作り方

ぶりのピリ辛照り焼き1、ぶり(2切れ(260g))は皮目に1cm幅の切り込みを入れる。

ぶりのピリ辛照り焼き薄く塩(適量)をふって15分置く。

 

ぶりのピリ辛照り焼き2、ししとう(4本)はへたを切り落とす。

 

ぶりのピリ辛照り焼き3、合わせだれの砂糖(大1と1/2)、酒(大2と2/3)、みりん(大2と2/3)、しょうゆ(大2と2/3)、柚子こしょう(大1/4)を合わせる。

※柚子こしょうを加えて味を引き締める。

ぶりのピリ辛照り焼き4、ぶりは水で洗って水気を取り、薄く小麦粉(適量)をまぶす。

 

ぶりのピリ辛照り焼き5、フライパンに油(少量)を熱し、ぶりを入れ、ししとうと共に中火で焼く。

ぶりのピリ辛照り焼き途中でししとうを取り出し、ぶりが両面焼けたら浸かるくらいの熱湯(お玉2杯くらい)を注ぐ。

※熱湯をかけて油抜きしてクセを取り、さっぱり仕上げる。

ぶりのピリ辛照り焼き落とし蓋などを使って、湯を捨てる。

ぶりのピリ辛照り焼き6、(5)のフライパンに(3)の合わせだれを加えてたれをかけながら煮て、とろみがついてきたらししとうを戻し入れ、たれをかけながら煮つめる。

ぶりのピリ辛照り焼き器に盛り、ベビーリーフ(適量)、すりおろした大根(200g)を添えて、ぶりのピリ辛照り焼きの完成。

ぶりの人気レシピ

第1位

ふっくらやわらかになる!ブリの照り焼き

ふっくらやわらかになる!ブリの照り焼き

えっ!?と思うやり方ですが、ぜひ試してみてください。 ブリ特有の臭みもなく、ふっくら柔らかく仕上がります♪

第2位

定番おかず ぶり大根

定番おかず ぶり大根

お魚は骨の近くや血合いが栄養があっておいしいんですよね。でも娘たちは苦手なので全部私のところに集まります。母は栄養満点!

第3位

刺身の切り落としでOK☆絶品”漬け丼”

刺身の切り落としでOK☆絶品”漬け丼”

ゴマ入り漬けダレが美味しさの秘訣!しょうがと薬味でさっぱりといただきます。初めに丼ぶりで途中から茶漬けに・・・と、1度で2度美味しい丼ぶりです♪

第4位

炊飯器で、中まで味が染みてる!ブリ大根

炊飯器で、中まで味が染みてる!ブリ大根

下準備をきちんとすれば、ブリのアラの臭みが全くありません。炊飯器で作るので、ほったらかしで簡単!味が中まで染み込んで、とても美味しいです。

このページの先頭へ