福袋

福袋

料理名 福袋
番組名 おかずのクッキング
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年6月1日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、柳原尚之さんが「福袋」の作り方を紹介しました。油揚げの中に豆腐やうずらの卵、ニンジンを入れた福袋です。

福袋の材料(4個分)

 

油揚げ(いなりずし用) 2枚
かんぴょう(乾物) 1本
にんじん 60g
木綿豆腐 200g
うずらの卵 4個
ごま油 小さじ1
溶き卵 大さじ1
調味料
砂糖 小さじ2
醤油 大さじ1/2
大さじ1
少々
煮汁
だし汁 1と1/2カップ
砂糖 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1
大さじ1/2
みりん 大さじ1
絹さや(塩ゆでしたもの) 6枚

 

 

福袋の作り方

1.油揚げ(いなりずし用 2枚)は半分に切り、熱湯をかけて油抜きします。

かんぴょう(乾物 1本)は、水の中でよくもんでから、塩もみ(分量外)して10分ほどおき、熱湯で5~10分ほどゆでます。

 

 

 

2.具を作ります。

にんじん(60g)は細かいあられ切りにします。

うずらの卵(4個)は水から10分、固ゆでにして水にとります。手のひらで押しながら、まな板の上で転がし、殻にひびを入れます。

鈍端のほうから、殻をむきます。

 

 

3.小鍋にごま油(小1)、にんじんを入れて炒めます。

しんなりしたら、水気を取った木綿豆腐(200g)をくずしながら加えて炒めて調味料の砂糖(小さじ2)・醤油(大さじ1/2)・酒(大さじ1)・塩(少々)を加え、全体に味が回ったら火からおろして、粗熱をとります。溶き卵(大1)を加え、混ぜ合わせます。

 

 

 

4.油揚げの中に、3、うずらの卵を入れて袋の口を折り、かんぴょうで結びます。

 

 

5.鍋に煮汁のだし汁(1と1/2カップ)・砂糖(大さじ1と1/2)・醤油(大さじ1)・酒(大さじ1/2)・みりん(大さじ1)と4を入れて落とし蓋をして中火で15分ほど煮ます。

器に盛り、ゆでた絹さや(塩ゆでしたもの 6枚)を添えます。

このページの先頭へ