エビ餃子、タラのレモン香菜鍋

エビ餃子、タラのレモン香菜鍋

 

料理名 エビ餃子、タラのレモン香菜鍋
番組名 おかずのクッキング
料理人 井上真里恵
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年10月20日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、井上真里恵さんが「エビ餃子、タラのレモン香菜鍋」の作り方を紹介しました。

がらスープの素を溶かすだけで、味わい深い鍋スープに。鶏の風味は、和風、洋風、エスニックにまで幅広く合います。エビ餃子は、簡単に包めて華やか。

エビ餃子、タラのレモン香菜鍋の材料(4人分)

 

タラ(切り身) 2切れ
レタス 1/2個
香菜 4株
水菜 150g
肉だね(えび餃子14個+肉団子10個分)
鶏ひき肉(もも) 500g
小さじ1/2
玉ねぎ(みじん切り) 1/2個分(100g)
1個
片栗粉 大さじ1
小さじ1
おろし生姜 小さじ1/4
香菜の茎(みじん切り) 15g
エビ(殻つき) 14尾
餃子の皮(大判)14枚
がらスープの素(ペーストタイプ) 大さじ2
8カップ
50ml
レモン(薄い輪切り) 1/2個分
トマトだれ
トマト(みじん切り) 200g
醤油、酢 各大さじ6
砂糖 大さじ1
おろしにんにく 小さじ1/2
ねぎ塩だれ
長ねぎ(みじん切り) 2/3本分
レモン汁 大さじ1
ごま油 大さじ4
小さじ1/2

 

 

エビ餃子、タラのレモン香菜鍋の作り方

1.ボウルに鶏ひき肉(もも 500g)、塩(小1/2)を入れてよく練り、玉ねぎ(みじん切り 1/2個分(100g))、卵(1個)、片栗粉(大1)、酒(小1)、おろし生姜(小1/4)、香菜(みじん切り15g)の茎を加えて練り混ぜ、2等分に分けます。

半分はピンポン玉大に丸め、肉団子にします。

残りの肉ダネでエビ餃子を作ります。

エビ(殻つき 14尾)は尾を残して皮をむき、腹側に4か所切り込みを入れます。餃子の皮(大判)14枚を手のひらにのせ、肉ダネを大さじ1強ほどのせてエビをのせ、皮のふちに水をつけ、ひだを寄せて包みます。

2.レタス(1/2個)は6㎝四方に、香菜(4株)は3㎝長さに、水菜(150g)は10㎝長さに切り、タラ(切り身 2切れ)は1切れを3等分に切ります。

3.鍋に分量の水(8カップ)、酒(50ml)、がらスープの素(ペーストタイプ 大2)を入れて火にかけて沸かし、1、2のタラを入れて煮ます。

煮えたら2の香菜、水菜、レタス、レモンの薄い輪切り1/2個分(途中で取り出す)を加えてさっと煮ます。

4.トマトだれのトマト(みじん切り 200g)・醤油、酢(各大さじ6)・砂糖(大さじ1)・おろしにんにく(小さじ1/2)と、ねぎ塩だれの長ねぎ(みじん切り 2/3本分)・レモン汁(大さじ1)・ごま油(大さじ4)・塩(小さじ1/2)をそれぞれ混ぜて添え、各自つけながらいただきます。

※しめは茹でたそうめんがおすすめ

このページの先頭へ