おいなりさん

おいなりさん

料理名 おいなりさん
番組名 おかずのクッキング
料理人 柳原尚之
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年2月2日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、柳原尚之さんが「おいなりさん」の作り方を紹介しました。

おいなりさんの材料(20個分)

 

<すし飯>
1と1/2カップ(300ml)
360ml
打ち酢
30ml
砂糖 小さじ1と1/2
小さじ1/2
白炒りごま 小さじ2
柚子の皮 1片
油揚げ(いなりずし用) 10枚
<煮汁>
A
だし汁 200ml
砂糖 大さじ5
三温糖 大さじ1
醤油 大さじ3
B
三温糖 大さじ2
みりん 大さじ1
ガリ(しょうがの甘酢漬け) 適量

 

 

おいなりさんの作り方

1.米(1と1/2カップ(300ml))は研ぎ、30分ほど水に浸し、ざるに上げます。分量の水(360ml)で普通に炊きます。

白炒りごま(小2)はきつね色になるまでから炒りします。

柚子の皮(1片)は、みじん切りにします。

炊きたてのご飯を飯台に入れ、打ち酢の酢(30ml)、砂糖(小さじ1と1/2)、塩(小さじ1/2)をよく溶いて回しかけ、切るように混ぜます。

酢が全体になじんだら、うちわであおぎ、ツヤが出たら、白ごま、柚子の皮を混ぜます。

 

 

 

2.油揚げ(いなりずし用 10枚)は半分に切って、半量は内側を外に返します。

鍋にたっぷりの湯を沸かし、5分ゆでて油抜きをし、湯を軽くきります。

 

 

 

3.鍋にだし汁(200ml)、2を入れて中火にかけ、煮立ったら、弱火にし、砂糖(小1と1/2)、三温糖(大1)を加えて3分煮て、醤油(大3)を加えて落とし蓋をして5分ほど煮ます。

味を含んだらBの三温糖(大さじ2)・みりん(大さじ1)を加え、糖が溶けたら、火を止めます。

 

 

 

4.1のすし飯を20等分して小さい俵形のおにぎりにします。

3の油揚げをざるに上げて汁気を軽くきり、すし飯のおにぎりを詰めて包みます。

器に盛り、ガリ(しょうがの甘酢漬け 適量)を添えます。

このページの先頭へ