焼き餃子

スポンサーリンク

焼き餃子

焼き餃子

料理名 焼き餃子
番組名 新チューボーですよ!
料理人 堺正章
ゲスト 長谷川京子
放送局 TBS
放送日 2014年7月20日(日)

ジューシー&もちもちの焼き餃子

無敵の中華料理「焼き餃子」。皮から手作りしてもちもちの食感と、鶏ガラスープを加えた餡がジューシーな、ダブルで嬉しい「焼き餃子」を目指します。ポイントは、しっかり捏ねた皮を均等に伸ばし餡を包むこと。そして、湯を替え2回蒸し焼きすることで、ツルツルの口当たりよい餃子に仕上げます。しっかり下味を効かせたレシピです。焼き上がったら、酢しょう油などをつけずに、そのままでお召し上がりください。

スポンサーリンク

焼き餃子の材料(約15個分)

強力粉 15g
薄力粉 130g
60cc
あん
豚挽き肉 150g
白菜 250g
塩(白菜用) 小さじ1
小さじ1
砂糖 小さじ2/3
コショウ 適量
酒・甜麺醤 各小さじ2
生姜汁・ゴマ油 各小さじ1
鶏ガラスープ 大さじ2と1/3
仕上げ
湯・サラダ油 各適量

焼き餃子の作り方

皮を作る

1、ボウルに薄力粉(130g)と強力粉(15g)を合わせ、湯(60cc)をダマにならないよう数回に分けて入れる。

※熱湯を加えることで、グルテンが固まり、もちもち感が生まれる

-

2、生地がまとまったら、耳たぶくらいの硬さになるまで練る。

※ツルツルな表面と耳たぶのような柔らかさが目安

-

焼き餃子3、ラップをして、30分程寝かせる。

-
あんを作る

4、白菜(250g)はみじん切りにし、塩(小1)でもみ、余分な水分を絞る。

生姜はすりおろして、汁を搾り出す(小1)。

-

5、ボウルに豚挽き肉(150g)、塩(小1)、砂糖(小(2/3)、コショウ(適量)、甜麺醤(小2)、酒(小2)、4の生姜汁(小1)、鶏ガラスープ(大2と1/3)を入れ、粘りが出るまで混ぜる。

-

焼き餃子6、4の白菜、ゴマ油(小1)を加え入れさっくりと混ぜる。

-
皮に包む

7、3の生地を直径2.5cmの棒状に伸ばし、2cm幅に切り分け、円形に伸ばす。

※皮を回転させながら、めん棒で下半分のみを伸ばす

-

焼き餃子※あんをのせる中心部分は、厚め(4㎜)に伸ばすとよい。(周囲2㎜)

-

8、フチを残して6のあんを乗せ、ヒダを寄せながら包む(約15個)。

※人差し指に寄せたシワをつまんでヒダを作るとよい

-
仕上げる

9、熱した鍋に油(適量)を引き、餃子を並べる(強火)。

-

10、餃子が2/3程度浸かるよう熱湯(適量)を入れ、フタをし、蒸し焼きにする(目安:6分半)。

-

焼き餃子11、残っている湯を捨て、油、熱湯(各適量)を入れ、フタをして焼く(目安:5分)。

※お湯を替えることで、小麦粉のカスが取れて、ツルツルの仕上がりに!

-

焼き餃子12、香ばしい焦げ目が付いたら完成!


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

餃子の人気レシピ

第1位

ジューシーな餃子☆

ジューシーな餃子☆

この餃子食べたら、もう他の餃子は食べられない!!って位おいしいです♪ 分量は大判約50~60個分です。多い方はまずは半量からお試しください。冷凍保存可能です。

第2位

とまらなくなる焼き餃子!

とまらなくなる焼き餃子!

次の日も食べたくなっちゃうくらい、はまっちゃいます!

第3位

下味がおいしさの秘訣! ”焼き餃子”

下味がおいしさの秘訣! ”焼き餃子”

我が家の人気メニューです。中はジューシー外はパリパリで、思わず食べすぎてしまいす。タネに下味をつけるのがポイントです。

第4位

栃木県民が伝授!餃子

栃木県民が伝授!餃子

餃子が大好きな栃木県民!お店で食べるのはもちろんのこと、自宅で沢山作って食べるのも大好きです♪

このページの先頭へ