天津丼

天津丼

天津丼

料理名 天津丼
番組名 新チューボーですよ!
料理人 堺正章
ゲスト 井上順
放送局 TBS
放送日 2016年12月17日(土)

 

かに玉をご飯&甘酢あん

新チューボーですよ!では、ゲストに井上順さんを迎えて、「天津丼」を作っていました。椎茸やねぎなどの入ったかに玉に甘酢あんをたっぷりとかけて、ご飯といただく中華の王道ご飯レシピ。硬いタケノコは細く切るところがポイントで、卵がまとまりやすくなります。

天津丼の材料(4人分)

 

【カニ玉の具】
タラバガニ 140g
長ネギ 30g
生姜 10g
タケノコ 40g
干しシイタケ 60g
グリンピース 40g
ネギ油 大さじ1
【甘酢あん】
砂糖 100g
150cc
中華スープ 480cc
紹興酒 大さじ1
2つまみ
醤油 大さじ2
ケチャップ 大さじ4
水溶き片栗粉 大さじ3と1/2
【仕上げ(1個分)】
卵(L玉) 4個
1つまみ
紹興酒 小さじ1
水溶き片栗粉 大さじ1
白飯 130g

 

 

天津丼の作り方

●具の下ごしらえ。タラバガニ(140g)は蒸したカニの殻を外し、身を細かくほぐします。長ネギ(30g)は細かく切ります。生姜(10g)、タケノコ(40g)、干しシイタケ( 60g)はスライスし細切りにします。

天津丼

※硬いタケノコは細く切ると卵(L玉 4個)がまとまりやすい

1、熱した鍋に油(分量外)を馴染ませ、ネギ油(大1)で、カニ、長ネギ、生姜、タケノコ、干しシイタケ(60g)を軽く炒めます。

2、1人分の卵(L玉) 4個に塩(1つまみ)・紹興酒(小1)・水溶き片栗粉(大1)を加え、卵をコシを適度に残しつつ混ぜ合わせます。それぞれに1の炒めた具材を加え混ぜ合わておきます。

3、ボウルに甘酢の砂糖(100g)・酢(150cc)・中華スープ(480cc)・紹興酒(大1)・塩(2つまみ)・醤油(大2)・ケチャップ(大4)を入れ混ぜ合わせます。

4、1人分ずつ仕上げる。熱した鍋に油(分量外)をなじませ、2を入れてスクランブルし、5割ほど火を入れます(強火)。火を弱め、ゴトクの上で、丸く成形し(中火〜弱火)、回るようになったら裏返します。表面も10秒間焼きます。器に白飯(130g)を盛り、その上にカニ玉をのせます。同様にほか3人分も作ります。

天津丼

5、甘酢を強火で温め沸騰したら水溶き片栗粉(大3と1/2)を加えトロミをつけます。

6、4のかに玉の上に5の甘酢をかけて、天津丼の完成。

天津丼

このページの先頭へ