チキンのマスタードソース

スポンサーリンク

チキンのマスタードソース

チキンのマスタードソース

料理名 チキンのマスタードソース
番組名 新チューボーですよ!
ゲスト 知念侑李(Hey!Say!JUMP)
放送局 TBSテレビ
放送日 2014年6月14日(土)

 

 

 

粒マスタードが主役!魅惑のソースと鶏肉が至福の一皿!

主役の粒マスタードと生クリームを合わせた酸味が効いたまろやかなソース。
皮をパリッと香ばしく焼きあげた鶏もも肉に、魅惑のソースをたっぷりかけた一皿です。

材料(3人分)

鶏モモ肉 250g×3枚
小さじ1
白コショウ 適量
チキンブイヨン 大さじ5
生クリーム(乳脂肪率45%) 150cc
粒マスタード 45g
1つまみ
白コショウ 3まわし
牛脂 大さじ2
ウォッカ 70cc(フランベ用)
マスタードソース 適量
無塩バター 15g

スポンサーリンク

作り方

【鶏肉の下ごしらえ】

1、鶏肉を切り開く

鶏モモ肉(250g×3枚)の筋を取り除き肉の反り返りを防ぎます。肉の厚い部分を切り開き、焼きムラを防ぎます。

 

2、鶏肉に下味をつける

鶏肉に下味をつける鶏肉の旨みが引き出せるよう両面に塩(小1)、白コショウ(適量)をふりしっかりと下味をつけます。

ペーパーで出てきた水気を吸い取ります。

【マスタードソースを作る】

 1、ブイヨンと生クリームを煮詰める

鍋でチキンブイヨン(大5)を沸かし、生クリーム(150cc)を入れ、軽く煮詰めます(中火)。

2、粒マスタードを加え仕上げる

火を弱めてから粒マスタード(45g)を入れ混ぜ合わせます(弱火)。再び加熱する為、塩(1つまみ)、白コショウ(3まわし)で一歩手前の塩加減くらいに味を整えます。

一煮立ちしたらOK。火を止めておきましょう。

【仕上げる】

1、鶏肉を焼く

フライパンに油(大2)を馴染ませ、鶏肉の皮面から焼き始めます(中火)。

フライ返しで押し付けながら焼き、均一な焼き色をつけます(中火)。

 2、油を皮にかけながら火を通す

油を皮にかけながら火を通す返して身の面も焼き、肉から出た油を皮にかけながら火を通します(弱火)。

肉から出た油を皮にかけながら焼くフレンチの手法(アロゼ)。ムラなく加熱が出来、皮がパリッと仕上がります。

 

3、余分な油を吸い取りフランべし盛り付ける

指で押して跳ね返るような弾力で火が通った事を確認したら、余分な油をペーパーで吸い取ります。

パリッと焼き上がった鶏肉にかからないようにウォッカ(70cc)を入れ、火を強めてフランベし、皿に盛りつけます(弱火→強火)。

4、マスタードソースを温め仕上げる

マスタードソースを温め仕上げる鶏肉を焼いたフライパンにマスタードソース(適量)を入れ、バター(15g)を入れコクと風味を加えて、一煮立ちさせます(強火)。

ソースを、鶏肉の上にかけて完成です。

 

 

まとめ

主役の粒マスタードは、辛みが少なく酸味が効いた味わいのフランス産のマスタードがおすすめのようです。パリッと香ばしい鶏肉とブイヨン多めの優しい味わいのマスタードソース。絶妙なハーモニーを赤ワインと共にお楽しみください。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

ソースの人気レシピ

第1位

簡単でうまい!ほうれん草の卵炒め

簡単でうまい!ほうれん草の卵炒め

おかずにはもちろんお弁当にもぴったりです!

第2位

万能!!黄金比の照り焼きのタレ

万能!!黄金比の照り焼きのタレ

肉も魚も野菜も、何でも合う万能の照り焼きタレ。 煮詰めれば、艶のあるトロッとしたタレになる。

第3位

プロ直伝!喫茶店風ナポリタン

プロ直伝!喫茶店風ナポリタン

ベーコンの代わりに粗挽きウインナーを使っても美味しいですよ♪(付合:グリーンサラダ・コーンポタージュ)

第4位

まさにこれはあの店の味 ステーキソース

まさにこれはあの店の味 ステーキソース

美味しいステーキやさんの絶品ステーキソースです。材料3つを混ぜるだけなんて~!

このページの先頭へ