カツサンド

スポンサーリンク

カツサンド

カツサンド

料理名 カツサンド
番組名 新チューボーですよ!
料理人 堺正章
ゲスト 篠原信一
放送局 TBS
放送日 2015年9月19日(土)

 

カリッとジューシーなカツをサンド

行楽シーズのお弁当や旅のお供に最適!国民的フィンガーフード「カツサンド」の作り方の紹介です。揚げたてのカリッとしたカツとキャベツにたっぷりのソースをかけて、食べ応えのあるサンドイッチ。今回ソースには、市販のトマトソースに白ワインビネガーやデミグラスソースなどを加えて、コクのあるソースに仕上げます。

スポンサーリンク

カツサンドの材料(4人分)

 

豚ヒレ肉 360g
キャベツ 適量
塩・コショウ 各適量
(溶き衣)
薄力粉 30g
1個
牛乳 140cc
薄力粉 適量
生パン粉 適量
(ソース)
中濃ソース 200cc
デミグラスソース(市販) 大さじ2
トマトソース(市販) 100cc
白ワインビネガー 小さじ2
太白ゴマ油 適量
食パン(6枚切り)×8枚
(からしバター)
無塩バター 50g
マスタード 25g

 

 

カツサンドの作り方

カツサンド1.豚ヒレ肉(360g)は7cmの長さに切り、横半分に切り開く。格子状に両面スジ切りをして肉たたきで叩き、塩・コショウ(各適量)で両面に下味をつける。

-

2.キャベツ(適量)は千切りにし、水に浸しておく。

-

カツサンド3.ソース作る。市販のトマトソース(100cc)と白ワインビネガー(小2)を混ぜ合わせる。

中濃ソース(200cc)、市販のデミグラスソース(大2)とトマトソースを合わせて混ぜ合わせる。

-

4.食パン(6枚切り×8枚)はトーストし、挟む面に無塩バター(50g)とマスタード(25g)を混ぜ合わせたからしバターを塗る。

-

5.仕上げる。ボウルに薄力粉(30g)に卵(1個)を加え、牛乳(140cc)を加えながら混ぜ合わせ溶き衣を作る。

-

6.肉に薄力粉(適量)をまぶし、5の溶き衣にくぐらせ、生パン粉(適量)をまとわせる。

170℃の油で色付くまでカツを揚げる(目安:5分)。

 

-

7.パンの上にキャベツをのせ、カツの片面にソースをかける。カツをひっくり返してもう片面にソースをかける。

-

カツサンド8.パンの耳を切り落とし、3等分に切り分け、皿に盛りつけ、パセリ(分量外)を添えて、カツサンドの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ