鮭の天津飯

スポンサーリンク

鮭の天津飯

鮭の天津飯

料理名 鮭の天津飯
番組名 噂の東京マガジン
コーナー やってTRY!
料理人 孫関義
放送局 TBSテレビ
放送日 2014年6月22日(日)

鮭とふわふわ玉子、甘酢のあんかけがベストマッチ!

「カニ玉丼」とも言われるように、本来は「カニ」を使う天津飯を今回は、「鮭」で作ります。あんかけは、ケチャップでも醤油でもなくお酢を効かせた、スッキリとした味わいで、甘塩の鮭を引き立てた甘酢あんの天津飯です。

鮭の天津飯の材料(1人前)

(天津飯の玉子の材料)
卵(Lサイズ) 3個
鮭(甘塩) 70g
ニラ 25g
舞茸 30g
白舞茸 20g
少々
コショウ 少々
しょう油 小さじ1/2
紹興酒 適量
ごはん 適量
(あん)
大さじ5
砂糖 大さじ2
黒酢 小さじ1
大さじ2
片栗粉 適量

スポンサーリンク

作り方

【天津飯の卵を作る】

1、卵と具材を合わせる

鮭の天津飯お湯を沸かし舞茸(30g)、白舞茸(20g)、塩(分量外)を10秒ほど茹でて下茹でし湯を切ります。

 

 

鮭の天津飯ボウルに溶いた卵(L3個)、下茹でした舞茸、ほぐした鮭(70g)、細かく刻んだ生のニラ(25g)を入れて塩、コショウ(各少々)、しょう油(小1/2)を入れて混ぜ合わせます。

2、卵を焼く

鮭の天津飯フライパンをしっかり温めて油(分量外)を熱し、1の卵液を流し入れて焼きます。

※焼く前にフライパンをしっかり温めます。

※卵液は、ふわふわと空気を入れるように雲をイメージして混ぜすぎないようにしましょう

 

鮭の天津飯フワフワになったら、紹興酒(適量)を少したらして、お皿に盛ったごはん(適量)の上にのせます。

【あんを作り仕上げる】

3、甘酢あんを作る

鮭の天津飯フライパンに酢(大5)、砂糖(大2)、黒酢(小1)、水(大2)を入れてから、火をつけます。

沸騰する前に水溶き片栗粉(適量)を何回かに分け入れてとろみをを出します。

※片栗粉はあんが沸騰する前に、少しずつ何回かに分けて入れましょう

 

4、盛り付ける

2の卵の上に3の甘酢あんをかけて完成です。

まとめ

気軽に作れるレシピです。甘酢のスッキリとしたあんかけが、夏の暑さにピッタリ!


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ