さんまの蒲焼き丼

さんまの蒲焼き丼

さんまの蒲焼き丼

料理名 さんまの蒲焼き丼
番組名 噂の東京マガジン やってTRY!
料理人 黒田廣昭
放送局 TBS
放送日 2014年10月26日(日)

 

旬のサンマときのこの丼ぶり

この時期、旬をむかえたサンマを使って、「さんまの蒲焼き丼」をやってトライ!していました。スタジオでは、帝国ホテル東京なだ万の黒田廣昭料理長が、きのこを加えた秋らしい丼ぶりレシピを公開していました。小麦粉を薄くまぶして香ばしくきれいな焼きめをつけるところがポイントです!

さんまの蒲焼き丼の材料(1人前)

 

サンマ 1尾
小麦粉 適量
一味唐辛子 少々
しいたけ 適量
まいたけ 適量
しめじ 適量
もみのり 適量
レタス(千切り) 適量
かいわれ 適量
白髪ネギ 適量
サラダ油 適量
タレ
大さじ4
みりん 大さじ1
砂糖 少々
濃口しょうゆ 大さじ1/2
たまりじょうゆ 小さじ1/2
西京みそ 小さじ1
おろししょうが 少々

 

 

さんまの蒲焼き丼の作り方

さんまの蒲焼き丼1、サンマ(1尾)のわたを取って三枚におろす。

さんまの蒲焼き丼はけを使って両面に薄く小麦粉(適量)をまぶす。

※小麦粉を薄くつけることで、焼きめがきれいにつき、皮が剥がれにくく、タレの絡みもよくなる

さんまの蒲焼き丼2、油をひいたフライパンで皮目から焼き、両面に焼き目をよく付ける。

さんまの蒲焼き丼3、ボウルにタレの酒(大4)、みりん(大1)、砂糖(少々)、濃口しょうゆ(大1/2)、たまりじょうゆ(小1/2)、西京みそ(小1)、おろししょうが(少々)を混ぜ合わせる。

●分量はさんまの蒲焼き分のみ。きのこの分は同量用意が必要

※西京みそを加えることで、コクが出てとろりとして絡みやすい

さんまの蒲焼き丼4、2のフライパンに出た油を軽く拭き取り、フライパンの底をぬれ布巾などで冷ましたら、3のタレを流し込み、煮詰めてよく絡める。

さんまの蒲焼き丼5、別のフライパンで食べやすい大きさに切ったしいたけ(適量)、まいたけ(適量)、しめじ(適量)を油で軽く炒め、蒲焼きと同じタレをフライパンに流し込んで絡める。

さんまの蒲焼き丼

さんまの蒲焼き丼

6、ご飯を盛り付けた丼に、もみのり(適量)・レタス(千切り 適量)・かいわれ(適量)をしき、その上にサンマをのせ、一味唐辛子(少々)をふりかける。さらに、5のきのこと白髪ネギ(適量)をのせてサンマの蒲焼き丼の完成。

●放送では、パプリカ(赤・黄)をトッピングもしていました。

このページの先頭へ